This Category : インフォメーション ツール

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

ちょっとブレイク

2011.10.06 *Thu

ふーふー。
出展者の皆さんのご紹介、読んでくださる皆様も
おなかいっぱいになってきますよね。
只今ちょうど20人の方のご紹介ができたところ。
私も皆さんと一緒にすこしブレイクいたしましょう!

お知らせは、今日の朝日新聞夕刊。
展覧会やショップ情報のあるところで、
やや大きめにご案内をお出ししています。
出展作家のお名前もすべてお載せしていますよ。
首都圏版なのですが、お手元にありましたら、
ぜひご覧下さい。
そして、twitterやfacebookで広げていただけましたら
嬉しいです。


061011www


このブログでは、出展作家からのメッセージのほかに、
トキニワカフェのメニューや、
さくっとですがワークショップ情報もお伝えしたいですね。

そして、来週はいよいよ最終のお庭の終日手入れですので、
植物の様子なども。
「庭の駅」で販売するミニ盆栽も、このお庭の実生の草草。
種やブーケと一緒にお出しします。

今年、種や盆栽、ブーケの売り上げは「ぬくもりを届けよう」
を通じて、義援金とさせていただきます。
その「ぬくもりを届けよう」も、
ようやく特設サイトが公開されました!

http://nukumori.nikke-cp.gr.jp/

「主催者からのお知らせ」としてこちらも
ブログ形式でアップしていきますので、
来週くらいからぜひチェックしてみてくださいね。

ブレイク!
にしては、ちょっと長くてごめんなさい!

お詫びの画像はこちら。

061011qqqqq

(ぬくもりを届けようのため、
サンプルを7人の方に編んでいただきました。
この編みぐるみは、2008年出展者の古橋真理子さん!)
スポンサーサイト
EDIT | 

ホームページ更新しました。

2011.08.28 *Sun
280811a


今年のメインビジュアルを公開しました。

今年もイラストは、大野八生さん。
会場の一部となる「ニッケ鎮守の杜」を四季を通して
一緒に手入れをしてくださるガーデナーさんでもあります。

カラーはちょっと今までとはテイストが変わっていませんか?
ナチュラルテイストというより、ちょっと小粋な感じ。
こちらはデザイナーの葉田いづみさんのデザインです。



280811b



先日には、今期二回目となった出展者ミーティングがありました。
50人の出展者のうち、45名の方が(遠くは沖縄からも!)この場に集まって!
春には、はじめまして、の出会いが多かったのですが、すでに同志?
お互いに刺激し合って、エネルギーチャージになっていたようです。

出展者名も公開しています。
10月15日まで、出展者の方々の周辺もぐんぐん変化していくのではないでしょうか。
秋に向かって、私たちも走り続けます。
EDIT | 

国語の教科書

2011.04.14 *Thu
2007年から4回にわたってメインビジュアルを描いてくださっている大野八生(おおのやよい)さん。
イラストレーターでガーデナー。
ニッケ鎮守の杜のお庭監修(といっても、一緒に鍬を振ってくださったり・・)もしていただいています。

今年の光村図書出版の国語の教科書
一年生から六年生まで。
表紙がすべて、やよいさんの絵になっています。

子どもが持つ種。
芽吹いて、育って、花を咲かせていく。。。

小学生ではないけれど、なんだか「工房からの風」の作り手のイメージとも重なりますね。
春のうれしいお知らせでした。

こちらに、絵とメッセージが! → 
EDIT | 

朝日新聞マリオン

2010.10.14 *Thu
marion1


本日の朝日新聞夕刊、マリオン面に
出展者のお名前を掲載したご案内が出ています。

首都圏版ですが、お知らせします!
EDIT | 

特設サイト

2010.10.12 *Tue
今回の工房からの風、ニッケコルトンプラザのHP内でも
特設サイトが誕生しました。
このdirector's voice とも連動して、作家紹介をまとめてありますので、
ぜひご覧くださいね。

こちら →  です。

そして、当日は、USTREAMで動画配信も行うことに。

16日(土)午前の様子を撮影予定です。

新たに知っていただく機会ですね。
わたしたちも、ガンバリマス。

EDIT | 

会場マップ

2010.10.11 *Mon
このブログでも、「ニッケ鎮守の杜」ですとか、
「手仕事の庭」「おりひめ神社」、
あるいは、モニュメントゾーンとか、スペイン階段??
と、固有名詞がいろいろ出ていますね。

わからない方にとっては、なんのことやら・・?
だと思います。
会場では、例年マップをご用意しておりますが、
今年からは、あらためてプリントアウトもできるように
ご用意をいたしました。

こちら →  です。

ちょっと、ジマンです(笑)、今年。
スタッフの宇佐美が作成したもの。
会場への藍、じゃなくって、愛!に満ちたマップです。

尚、当日会場でも、ぜひお手にとってみてください。
裏は、アンケートになっていて、
今年の手ぬぐいやお庭のハーブセット、
ニッケコルトンプラザのショッピング&グルメ券が
抽選で当たるようになっていますので。
アンケートも、ぜひご記入くださいね。
EDIT | 

小冊子

2010.09.24 *Fri
250910a

小冊子、刷り上っています。

毎年、まずこれを読んでから「工房からの風」に向かいたい!
という方が増えています。

50名全員の文章はお載せできないのですが、
毎年12名の作家に文章を寄せていただいています。

今年の作家とタイトルをご紹介しますね。(頁順)

陶磁器からは
宮岡麻衣子さん「皿の上の一滴」
山田洋次さん「わ」
坂井千尋さん「器に描く」

木工からは
遠藤マサヒロさん「役割」
成瀬綾さん「木の根っこ」

ガラスからは
戸田かおりさん「拾う作業」
ピーター・アイビーさん「流動」

染織からは
金森愛さん「うつろいゆくもの」
ますみえりこさん「草の糸」
武井春香さん「わたしと家族」

金属・その他からは
中村智美さん「遺伝子のしわざ」
浅野眞左子(初雪・ポッケ)さん「贈りもの」


タイトルも素敵ですね。
皆さん、そっとご自分の心に釣瓶を落として、
ものづくりへの思いを丁寧に綴ってくださいました。

:::

先にお読みになりたい方がいらっしゃいましたら、
以下のようにお便りをお送りください。

一部400円+送料=480円分の切手を同封の上、
小冊子希望として、お届け先の住所とお名前。
出来ましたらお電話番号(不明な点があったときのみにおかけします)
をお書きくださいませ。

〒272-0015
千葉県市川市鬼高1?1?1
ニッケコルトンプラザ
工房からの風 事務局 あて


もちろん、当日も本部テントで販売していますので、
ぜひお求めくださいね。
EDIT | 

案内状が出来ました

2010.09.10 *Fri
今年の案内状が刷り上りました。

出展作家へはお渡ししましたので、それぞれに郵送、
手渡しなどが始まっていることと思います。

ニッケコルトンプラザからは、9月25日前後に到着するように、
発送準備を進めています。

:::

ホームページ、トップページからも出力できます。

画像の精度で二種類ご用意しています。

S(258KB) はこちら  → 

L(1.5MB) はこちら  →  

郵送をご希望の方は、メール、またはお電話 047?378?3551
で、お届け先をお知らせください。

こんなお知らせが始まって、今年もいよいよ、ですね!
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。