This Category : 作り手からのメッセージ

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

佐々木ひとみさん(アクセサリー)

2011.10.13 *Thu
さあ、いよいよご紹介最後の作家の方となりました。
トリ?は佐々木ひとみさん。
ヨーロッパで金属を学び、
繊細な表現も美しいアクセサリーを作るひとです。

Q
佐々木さんはどのような作品と一緒に
「工房からの風」に来てくださいますか?

A
みなさんの目になじんだ動物、植物、昆虫などのアイテムを連れています。

話しかけてきそうな動物たちの表情や、
「工房からの風」をイメージして作った
天然石の自然な色ムラを生かした木の実シリーズなど、
ぜひお手にとって見ていただきたいです。


具象的なモチーフが多いようですが、
こどもっぽくはないのが佐々木さんの作品。
アクセサリーとして、モチーフ、スケール、
どれもが親しみやすさと、アートのもつ存在感とを
兼ね備えているのが特長ですね。


131011aqwww


A
私の周りの邪魔な感情、難しい考えを吹き飛ばしてくれる
気持ちのいい風に身をまかせています。

最初は他の作家さんのクオリティーにプレッシャーを感じて
同じ立ち位置に立てるのか?とか、
いろいろ考え過ぎて手が止まったりしましたが、
今は背伸びせず、「きれいだね」「楽しいね」という気持ちを
一緒にできたらいいなと思っています。


出展が決まるとほぼ同時に、広島から東京に
住まいと工房を移された佐々木さん。
新たな土地でのとまどいや、震災のことなど、
不安な春から夏を過ごされたことでしょう。
けれど、夏くらいからは、この新天地で
伸びやかに創作が軌道にのったようですね。

それにしても、佐々木さんの作品のクオリティー。
謙遜されていましたけれど、とても素晴らしいと思います。
西欧で学んださまざまなことが、ひとつひとつの作品に沈んで、
独自の個性を奏でている。
そんな風に感じています。


131011aqw

Q
来場される方々へ、佐々木さんの作品の魅力をお伝えくださいますか?

A
もともとアクセサリーを作り始める前は絵を学んでいたので、
植物の葉脈や動物の毛並みを一本一本鉛筆で線をひくように、
色石をセッティングするときは、
みずみずしく筆で色を置くように、、、
と絵を描く感覚で作っています。
そのことが固いイメージの金属に
やわらかい表情を加えていると思います。


佐々木さんのアトリエには、蝉の抜け殻など佐々木さんの
イメージの源泉となるものが飾られてありました。
細密なデッサンも壁に。
見えているけれど、見過ごしてしまいそうな
繊細なものの醸し出すもの。
それらを一度佐々木さんの感性を通して昇華させる。
こうして生まれた作品は、愛らしく、
どこか凛としたオトナの雰囲気も持ち合わせているようです。


131011aqww


Q
佐々木さんも「ぬくもりを届けよう」にご協賛くださいました。
どのような作品を寄せてくださいますか?

A
それぞれ手に取ってくださった方がより楽しい生活を送れるように
メッセージをこめて選びました。身につけていることで、
自然と笑顔になっていただけたらと願っています。


ありがとうございます。
素敵な作品、確かにお預かりしていますよ。

佐々木ひとみさんの出展場所は、スペイン階段前。
そして、出来たてほやほや、佐々木さんワールドのホームページは
こちらです。 → ☆

スポンサーサイト
EDIT | 

大護慎太郎さん(時計)

2011.10.13 *Thu
今年の「工房からの風」には、とっても素敵な時計がやってきます。
作者は、大護(だいご)慎太郎さん。

時間をただ確認するのではなく、
“時そのものを楽しむこと”

を大切に考えている大護さんです。

Q
大護さんは「工房からの風」に
どのような時計と一緒にやってきてくださいますか?

A
真鍮製の腕時計や懐中時計などを中心に、
展示の机や時計のスタンドなども今回に向けて準備をしています。

実際に2~3年程私物として使用した時計達も展示致します。
使い続けることで、
時計がどんな風合いに変化するのかを見て頂きたいです。



時を重ねるほどに美しさや愛着が増していくものが、
工芸の大きな魅力のひとつですが、
大護さんの作る時計は、まさにそのものですね。

131011kkk

Q
出展が決まってから大護さんは、
どのような気持ちと一緒に制作されて来られたのでしょうか?

A
参加出来ることが分かってから、ずっと頭の中にあり、
日々どんな展示にしようかとイメージを練り続けていました。

最近は考えていたことを実際にカタチにすることで、
より展示風景がはっきりとしたモノになってきて
とても楽しいです。



とっても誠実なお仕事ぶりの大護さん。
「工房からの風」に向けて、展示什器なども
新たに整えられたようです。
作品一点一点はもちろん、展示すべてで
世界観が伝わってきそうですね。
楽しみです。

131011jjj


Q
大護さんの工房があるところは、
どんな雰囲気でしょうか。

A
吉祥寺は東京の街の中でも特に世代を問わず、
沢山の人々が訪れる場所だと思います。
井の頭公園で、カップルや親子、老夫婦達が
みんな楽しそうに笑ってお喋りをしている風景がとても好きです。


人気の高い吉祥寺でアトリエを持つ大護さん。
幸福な時間を刻む時計つくりには、とてもふさわしい街ですね。


131011lll

Q
大護さんも「ぬくもりを届けよう」に協賛くださいました。
どのような作品をお寄せくださいますか?

A
どんなモノにしようかと色々考えたのですが、
やっぱり今自分に出来ることは
気持ちを込めて時計をつくることかと思い、
手縫いで留めた革ベルトの腕時計にしました。


ほんとうに素敵な時計なのです。。。
『今自分に出来ることは気持ちを込めて時計をつくること』
皆さん、それぞれがそのような想いで作られたものを、
「ぬくもりを届けよう」に寄せてくださいました。
ありがとうございます!

大護慎太郎さんの出展場所はモニュメント周り。
ホームページはこちらからご覧下さい。→ 
EDIT | 

臼井仁美さん(木工)

2011.10.13 *Thu
臼井仁美さんの木工は、今回、特に個性的な気がします。
工房を構えたばかりですから、経験やバリエーション、
制作数も他の木工作家の方には及ばないところがあるかもしれませんね。
けれど、ぴかっと光るものを感じさせてくれる
臼井さんの木のお仕事なのです。

Q
臼井さんは「工房からの風」に、
どのような作品と一緒にやってきてくださいますか?
そして、ぜひこれを!見てほしい、
というものがありましたら、ぜひ教えてください。

A
曲物と呼ばれる方法で作った「大小様々の箱」を中心に、
「ピンクッションのついた小箱」、「装身具」。
この他「これはなんですか?」と尋ねられたら
「なんでしょうねえ」とお答えするしかないようなものたち!
も一緒に連れだって出かけます。

「ピンクッションのついた小箱」のピンクッションの部分は
友人の染織家・足海朋子さんにデザイン、制作をしてもらいました。
とてもわくわくしながらピンクッションに合わせてみました。

曲物の箱はとても軽く仕上がりましたし、
「これはなんですか?」「なんでしょうねえ」
のシリーズも楽しんで頂けたらうれしいです。


シェーカーボックスと曲げわっぱの融合のような
ほっこり、すっきりの木の作品ですね。

131011bb

Q
臼井さんにとって、
「工房からの風」ってどんな風ですか?

A
これまで籠っていた部屋の窓を思いっきり開け放ったときに、
体全体に感じる風を想像しています。
小さな部屋なのですけれど、私の部屋に溜まっていた空気も
大きな「工房からの風」の中へ
堂々と行き渡っていけるといいなと思っています。


工房を持ち、名前を出して作品を発表していく
海原に漕ぎだした臼井さん。
「工房からの風」は、少し強めの風かもしれませんが、
臼井さん次第では、うんと広やかな外洋に運んでくれるかもしれません。


131011aa


Q
来場される方々に、ご自分自身または、お仕事の特長(魅力)について教えてください。


A
「素材・技法・道具」を携えることを
制作する上でなによりの支えとしながら、
その中で限りなく自由でありたいと思っています。

会場では私の双子の相方と一緒に、
同じ顔ふたつ揃えてお待ちしております。



まあ、双子さんなのですね。
今回、私の知っているだけで、
他に二組の双子さんがいらっしゃいます。
双子のお母さんである出展者も。


131011cc


Q
臼井さんも「ぬくもりを届けよう」に協賛くださいました。
どのような作品を提供くださいますか?

A
曲物で作った箱をお届けします。
日本に育む木、伝えられてきた技法や道具が
ともにあることの心強さを。


すてきなメッセージとともに、作品たしかにお預かりしました。
ありがとうございます!

臼井さんの出展場所は、おりひめ神社の脇。
ほやほやのホームページはこちらです。 → 
EDIT | 

清岡幸道さん(陶磁器)

2011.10.13 *Thu
今年も信楽から陶芸作家をお迎えします。
清岡幸道さん。
薪と炭を使った窯変の器や、耐火の焼き物を制作する作家です。


Q
清岡さんは「工房からの風」にどうのような作品とやってきてくださいますか?

A
普段使いのうつわを作りました。
日常使う気持ちのよいかたちを思い作ったもの、
マグ、ピッチャー、ポットなど。
最近気に入っている灰色がかった白釉のものを中心に展示する予定です。



131011aqqq


Q
清岡さんにとって「工房からの風」は、どのような風に感じられますか?

A
「工房からの風」は自分の仕事を見つめなおす良い時間だったと思います。
展示場所は木々が多く、良い雰囲気で、気に入りました。
当日は誘い込むような優しい風が吹くことを期待しています。

古くからこの場に茂るクスやシイの高木のもと、
料理や花をふんわり、けれどしっかり受け止める陶器が揃いますね。

131011aq

Q
清岡さんの工房があるのは、どんなところなのでしょうか?

A
滋賀県の信楽という陶器の産地に住んでおります。

複数の県境に位置するので、車で5~10分走れば
奈良、京都、三重に入ります。

信楽はお茶の産地としてもそこそこ有名で、
朝宮茶という美味しいお茶があります。
信楽焼きの古い登り窯跡があちこちにあり、
町なかに広がるエントツが陶器の産地特有の風景です。


私も何度も信楽は尋ねましたが、いつも若い作家の方々がいらして、
産地として作り手のつながっていくところなのだなぁと思っています。
そのような環境で、じっくりと制作に励んでいらっしゃるのですね。

131011aqq

Q
清岡さんも「ぬくもりを届けよう」に協賛くださいました。
どのような作品をお寄席くださいますか?

A
季節がら、鍋を。


ありがとうございます。
鍋を介して、ぬくもりがつながっていくきますね。

清岡幸道さんの出展場所は、ニッケ鎮守の杜、
galleryらふとの前あたり。
トキニワカフェのおりひめ神社寄りです。
EDIT | 

原朋子さん(陶磁)

2011.10.12 *Wed
Q
林健二さんと一緒に展示するのは、
瀬戸の原朋子さん。
原さん、どんな作品と一緒に「工房からの風」にいらしてくださいますか?

A
染付の器を持っていきます。
染付といえばどちらかというと渋い伝統的なイメージですが
今回は、若い人が手に取りやすいようなデザインにもチャレンジしてみました。


うんと若い原さんを想像できなかった端正な染付の器。
線も伸びやかで、達者な筆づかいに驚きました。
それでも老成しているのではなくて、
愛らしさがそこはかと感じられるがなんとも魅力的なのです。

121011QEE

Q
原さんはどのように出展までを過ごされましたか?

A
今までと少しタイプの違う釉薬にも挑戦していますが安定せず、
今はとても不安です。
せっかくなので色々なことに挑戦してみようという気持ちで過ごしました。


もう最後の窯出しは終わった頃でしょうか。
安心されていることを祈っていますよ!

121011FF


Q
原さんの工房のあるところは、そのような場所ですか。

A
セトモノがつくられている愛知県瀬戸市に住んでいます。
瀬戸では、昔から水墨画の技法を取り入れた『瀬戸染付』
がつくられています。
私も瀬戸染付を学んでいたのですが、
古伊万里の器に興味を持ち、今の制作にいたっています。

古伊万里に惹かれての制作。
原さんの作品の奥行きには、そんな魅力がひそんでいるのですね。

121011DD


Q
原さんも「ぬくもりを届けよう」に協賛くださいました。
どのような作品をお寄せくださいますか?

A
染付のフタもの、小鉢などを提供しました。


ありがとうございます。
とても美しい器で、思わず欲しくなりました!

原朋子さんの出展場所は、ニッケ鎮守の杜に入って
トキニワカフェの正面の草原です。

そうそう、萩原朋子さん、とはお名前が一字違い!
ちょっとびっくりしました。
どちらも、ご本人も作品もとても愛らしい方たちです。
EDIT | 

林健二さん(陶磁)

2011.10.12 *Wed
Q
林健二さんは、瀬戸で作陶される作家の方。
林さん、どんな作品と一緒に「工房からの風」にやってきてくださいますか?

A
白釉、青白磁、飴釉の食器を中心に持っていきます。
それと変わった質感の花器を少々。
どれも基本地味ですが、それぞれ質感が気に入っているのでご覧ください。


画像では伝わりにくいと思うのですが、
端正な器に遊び心がひそんでいます。


121011QAA

Q
林さんはどのような気持ちで出展の日まで過ごされましたか?

A
出展が決まった当初は、新作をたくさん作ろうと
張り切り過ぎて、頭の中がゴチャゴチャになってしまいました。
結局ほとんどモノにならなかったのですが、
たくさん悩んだおかげで少し賢くなれたかもしれないです。


あ、そういうことって、ありますね。
ぐるりと一周して同じ所に辿り着いたとしても、
周ったことで、進化しているというような。


121011QCC

Q
林さんのお仕事の特長をおきかせくださいますか?

A
日常で使う食器を作っています。
日常の器でありつつも、手に取った時にニヤッとしてしまうような、
ほんの少し感情を動かせるような器を作りたいと思っています。



林さんの工房の隣に、震災で被災された陶芸作家の方が越して来られました。
それが、なんとスエトシヒロさん。
4月の全体ミーティングの前日。
今年一緒に「工房からの風」に出展する同士だとわかったのだそうです。

Q
林さんも「ぬくもりを届けよう」に協賛くださいました。
どのような作品をお寄席くださいますか?

A
いろいろなフタモノを5点提供します。


ありがとうございます。
表情さまざまなフタモノを通じて、ぬくもり、届きますように。

林健二さんの出展場所は、ニッケ鎮守の杜に入って
すぐ目の前に開けた草原の中。
同じ瀬戸から来られる原朋子さんと共通のテントで展示します。
EDIT | 

阿形さおりさん(染織)  

2011.10.12 *Wed
Yumemiさんが大学で美術を専攻されて
今はものづくりの世界に入られたように、
阿形さおりさんも工芸以外の世界から
ものづくりの道を進んだ方です。

美しいもの。
それを求める気持ちと暮らしを響かせた時、
ものづくりの扉が開いたのでしょうか。

Q
阿形さん、「工房からの風」には、どんな作品と一緒にやってきてくださいますか?

A
今回は、いつも以上に自分の好きな色やテクスチャーにこだわり、
自分の中に、がつんと命中するまでこだわって作りました。

これまでになかった色や、ベビーシューズも、
もこもこ冬仕様になって登場します。
バッグ、ベビーシューズ、コサージュ、ポーチなどなどを
連れて行く予定です。

ステッチや生地を重ねて重ねて表情を作っています。
コツコツの地道な作業と、ざっくりとした大胆不敵な部分
とが入り交じっている作品を、楽しんでいただけたらなと思います。


震災の後、茨城から四国に移られた阿形さん。
新天地で作られた新たな作品が、風に乗ってやってきます。

121011agg

Q
阿形さんにとって「工房からの風」って、どんな風でしょうか?

A
出展が決まってから、風を感じる余裕がなかなかなく進んできたのですが、
ここになってようやく風を感じ始めたような気がします。
秋風と共に、”楽しみだなー”という気持ちがじわじわとわいてきました。
今年のタイミングでの出展、何か大きな良い事に包まれて
ここまで連れてきてもらったような気持ちです。



121011aee

Q
阿形さんの工房の周りはどんな所なのでしょうか?


A
工房がある場所は、みかん畑の広がる山奥にあります。
私が仕事をしていると、近所のおばあちゃん達が
「袋、見せてー 」 と遊びにきたりもします。
今はみかんの収穫が始まり、ロッカールームのような無人販売所に、
朝になるとみかんがぎっしり入っています。
私も100円玉を持って、ほぼ毎朝買いに走ります。
この爽やかビタミンでこの頃の夜なべ作業も救われているような気がしてます。。


阿形さんには、小冊子への寄稿もお願いしました。
「みかんの家」
縮こまった心が、みかんの家との出会いでほどけていくのが、
文章から伝わってきます。

121011aff

Q
阿形さんも「ぬくもりを届けよう」に協賛くださいました。
どのような作品を寄せてくださいますか?

A
白いベビーシューズを作りました。
普段は白という色でのベビーシューズは作らないのですが
今回は、ぬくもりを届けようということで、
いろいろな思いをこめて白の靴にしました。
これからの寒い季節、小さな足が履いてくれると嬉しいなと思っています。


ほんとうに愛おしいようなベビーシューズ。
どなたのもとに届くでしょうか?

阿形さんの出展場所は、おりひめ神社の脇。
クスやシイの高木の木漏れ日とともに、
味わい深い布が揺らいでいることでしょう。
EDIT | 

Yumemiさん(染めバッグ)

2011.10.12 *Wed
Yumemiさんのバッグや帽子は、絵画のよう。
鮮やかな色が、布を自由に泳ぐようです。

Q
Yumemiさんは「工房からの風」に、
どんな作品と一緒にやってきてくださいますか?


帆布で作った色々な形や大きさのBag・帽子・小物を見て頂ます。
帆布は染めた後、作りたい形に切ってから、
ひとつひとつ絵を描くようにペイントをして、
色とりどりの糸を絵具のように使ってミシンステッチを入れています。


太陽の光と緑が似合いますね。


061011bbb


Q
Yumemiさんにとって「工房からの風」って、どんな風ですか?


”風の吹くまま気の向くまま”
そんなふうに作品を作り続けられたらと、ずっと憧れていました。

けれど、私の作品を見たある方に
”持ったり、冠ったりする絵”というお言葉をいただいた時に
とても嬉しくて、それとともに、物づくりに対する責任と覚悟、
そして自信が湧いてきました。

そんな時に”工房からの風”を知って、今回参加できることになり
毎日毎日作り続けることが楽しくて、私の背中をどんどん押してくれる風、
私を導いてくれる風が、心地良く吹いてくれています。


絵画のようなバッグや帽子。
それを「工房からの風」に向けて相当数制作された今、
何か新しい世界が広がったように
思っていらっしゃるのではないでしょうか。

061011ddd

Q
来場される方々にYumemiさんのお仕事の魅力について教えてください。


私が日々癒されている大好きな草花・木々に囲まれた空間で
Bagや帽子たちを見て・触れて・感じて欲しいです。
そして、多くの方にそれらを使う時、使う場所を
イメージしていただけたらと思います。

何よりも私のBagや帽子たちを使うことで、
元気な気持ち、楽しい気持ちになってもらえたらと願うのです。
新しい出逢いや、再会を楽しみにしていますね♪


木々のある空間で、元気よくYumemiさんのバッグたちが
そよいでいるのが目に浮かぶようです。

061011ccc

Q
Yumemiさんも「ぬくもりを届けよう」に協賛くださいました。
どのような作品をお寄せくださいますか?


カラー帆布を組み合わせたBagと
染めたリネンにペイントとステッチを入れたB5サイズのBagを
どなたか良かったらお使い下さい。
普段何も出来ない私ですので”ぬくもりを届けよう”に参加できて嬉しく思います。


ありがとうございます。
気持ちがパァと明るくなるなるバッグ幾つも確かにお預かりしました!

Yumemiさんの出展は、ニッケ鎮守の杜、galleryらふとの奥。
urizunさん、野口さんのまん中です。
(天候によって変更となる場合があります)

ホームページはこちらです。 → ☆
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。