This Category : らふと

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

城森慶さん、中本純也さん、理詠さん

2009.09.19 *Sat
今日から、galleryらふとでは、3人展が始まります。

らふとは、工房からの風に出展した作家を継続して紹介するギャラリー。
今回は、昨年出展した城森慶さん、中本純也さん、中本理詠さんの
3人展です。

城森慶さんは、毛織物を。
草木染め、手紡ぎ、手織りをひとりの手で行っての布づくりです。
昨年はおりひめ神社のお社の後ろで展示されていましたね。
こんもりとした樹木の木漏れ日のもと、彩り豊かなほかほかの布が、
たくさんの方に選ばれていきました。

城森さん、今年は5月からずっと工房に籠りきりで
制作に集中していたとのこと。
こうして織りあげられた布は、植物の色が優しく力強く映されて、
これからの季節を共に歩きたくなるものでした。
ふかふかの感触、ぜひ触れてみてください。

:::

中本さん夫妻は、純也さんが南蛮焼き締め、
理詠さんは粉引きを制作しています。
2001年の第一回工房からの風で出会いましたから、
8年間、制作を見せていただいていることに。。
ずっと焼き締めと粉引きを続けるお二人だから、
表面上の変化はそう激しくないけれど、
最初から持っていた「こういうものを作っていきたい」
という理想に向かって、じわじわ近付いていかれたことを感じました。

今回の窯、とっても良かったんだと感じました。
焼き色も形もとても。
おふたりには、使うシーンが一層浮かぶものを、
と今回お願いしていました。
作る人は陶芸の専門家ですから、
つい作り手目線のみでものができてしまう傾向があります。
それが根っこにあって、そして使う人の手や心に想いが寄っていったら、
きっとますます魅力的な焼き物が生まれるのでは、、
そんなことを思って、お話をしてきました。

穴窯での焼成は、薄すぎては窯の中で割れてしまいます。
けれど重すぎると、使い手としては、ちょっと厳しい。
穴窯ならではの土の器の美しさ、火の名残り、五感に美しい感触と、
使うのに難しさを感じない接点が、もっと広がったらいいなぁ、
そんな願いに、純也さん、応えてくださいました。

いつも「謙虚すぎるほど自分の仕事に厳しいコメントをする純也。
今回の窯はかなり思うように上がったようです。
工房からの風との出会いから8年後の熟したお仕事、
ぜひご覧いただきたく思います。


理詠さんの粉引きも、とても洗練されていました。
理詠さんのおおらかさ、パワフルさを秘めつつ、とても品の良い器。
無地がほとんどですけれど、ささっと線書きされた文様入りも楽しげです。

おふたりがフランスの田舎の工房で修業していた時、
よく、りんごの木の下にテーブルを置いて、ランチをとったのだそう。
その時のことを思い浮かべて、ふたりで今回轆轤を挽きました、と
理詠さん。
そんな胸の広がるようなシーンを心に、
作品をみていただくのもいかがでしょう。

:::

工房からの風前、最後のらふと展。
小冊子の販売も行っています。

らふとのブログ、「小屋の音」は、こちら → 
ご来館をお待ちしています。
スポンサーサイト
EDIT | 

ワークショップ

2008.07.19 *Sat
今日は、「手仕事の庭」で育てている藍を使って、
生葉染めのワークショップを行いました。
はじめての方が多いのですが、中には3年連続の親子さんもいらっしゃって。。。
何人かの小学生の子たちも、とっても爽やかな笑顔でした!
パッケージ化されたイベントではなくて、
育てている人たちと一緒に刈り取りから行う染め体験。
私もこどもだったら、きっと鮮烈に覚えているだろうな。
そして、そういう体験を一緒にさせてくれた人、(今日はお母さんが多かったかな)
への感謝というか、愛情が、心にしっかり育まれていくように思いました。

:::

今日は、今年の工房からの風で「トリの箸置きを作る」というワークショップを
してくれる金子佐知恵さんもウォーミングアップ!を兼ねて、参加くださいました。
参加くださった方々の笑顔に触れて、きっと当日へのイメージが豊かに膨らんだのでは。。
来週土曜日には、「らふと」で、このワークショップを一足先に行います。
当日は、参加希望の方が多くて、なかなか作っていただけないので、
この機会にぜひどうぞ。
午後の部、まだ少し余裕があります。
コチラへ→★

ほかの出展者の方々のワークショップや制作工程の公開も内容が決まりました。
また、近づきましたら、こちらでも詳しくご案内いたしますね。

EDIT | 

らふとでの3人展

2008.03.30 *Sun
pic


土曜日。
満開になり始めた13本の桜に囲まれた中、
らふとでの3人展が始まりました。

らふとでの展覧会は、今年は3人展を重ねます。
3人は、今まで工房からの風に出た作家から。
秋の日にこの場でよき風をそよがせ、風をまとい、
それぞれの工房に帰って、あらたな風をはらみはじめた作り手たち。

300308b


3人展にしたのは、この場が「響きあい」の場所になったらいいなぁ、
という思いから。
工房からの風を通じて出会った作り手たちが、
あらためて仕事を一緒にする場を作りたいと
思ったのでした。

今回は、陶磁器の加藤仁志さん、木工の川端健夫さん、染織の武井春香さん。
特に武井さんは、出展場所がほかの2人とは離れていましたので、
当日、とくに交流できなかったようでしたが、「ピクニック」をテーマにして、
ぜひご一緒してほしかったのでした。

昨日。
ドキドキしながら初日を開けましたが、たくさんのお客様に恵まれて、
桜の眩しさとあわせ、とても華やいだ日となりました。
在廊した3人の表情もはなのようにほころんで。
工房からの風で出会われたお客様との再開も多く、
こうして使っていただくことで、作り手とつながっていくことが、
なんともたしかな喜びに感じたのでした。

300308e


3人の作品がとてもよく響き合って、らふとの空間を心地よく調和させています。
きっとまたこの3人のお仕事に何かしらの風を奏でたのではないでしょうか。
今年のらふとでの展覧会は、このような会を重ねていきたいと思います。
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。