This Archive : 2006年08月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

展覧会情報

2006.08.21 *Mon
市川も、モウレツな暑さです。
日照時間が少なくて大丈夫かな?と心配していた棉たちも、
一気に太陽の力を吸収しているようです。。
皆さんは如何でしょうか?

さて、出展作家の展覧会情報です。

☆陶器の厚川文子さんが、代官山のGALLERY it`s さんで。
初個展とのことです。
28日まで

☆野外カフェで出展する natane さんでは、ガラス展。
ガラスの作者は「工房からの風」の出展者ではないのですが、
nataneさんの焼きたてパンと、同じく出展者のchiku_ni さんの
クールなインテリアや空間の中での企画。
横浜、白楽です。
スポンサーサイト
EDIT | 

おりひめ その弐

2006.08.12 *Sat
おりひめ神社の報告祭の日。
九州のひとりの織姫から、作品が届きました。

藤原みどりさん。
五月のグループ展には出品だけでなく、佐賀からやってきて下さいました。
みどりさん、ガツンと刺激を受けてしまったよう。
工房から一歩出て、人の目に作品が「さらされる」ことによって、
見えなかったものが、客観的に見えてくるものがあります。
ミーティングでの他の出展者の言葉や目の輝きも、みどりさんにはかなり、
刺激的だった様子です。

佐賀に帰って、みどりさんは、モウレツに織り続けたのですね。
その成果を、ぜひ、見てほしい、、と作品がやってきたのでした。。

驚きました。
五月の揺れていたみどりさんは、もう、そこには映っていなかったのです。
何か、確信の種をつかんだのでしょうか。
腰を据えて、みどりさんならではの織りに向かっていることが、
力作の数々から伝わってきました。

・・・とはいえ、みどりさんにとっては、きっと、まだまだ悩みの渦中なのでしょうね。
それでも、悩みがなくなることなんか、誰にもないのかも。
ただ、悩みが、まったくピントがずれているのか?
あるいは、何を悩んでいいのか悩んでみたり(苦笑)、、ということと、
ある道にまで入りこんで悩むことは、違うような気がします。
ひとりの「おりひめ」は、道を選んで、入り込んでいったようでした。

当日、敷物やスローケットというどこでも連れて行きたくなる膝掛け布、
また、メンズライクなマフラーたちに会えることが、とても楽しみになってきました。
EDIT | 

おりひめ その壱

2006.08.12 *Sat
ori


昨日、「工房からの風」の会場ともなる神社の報告祭が行われました。

この神社は昭和の初めに、毛織物工場の安全祈願のために、伊勢神宮から
ご神体を賜って建立されたもの。
工場が閉じられ、ショッピングセンターになっても、かわらずにこの場に在って、
この空間のまさに守り神さまでありました。

私自身は特定の宗教を持ちませんが、何か、人の力を超えたもの、、
「自然」の力(本来、わたしたち「ヒト」も自然の一部なのですよね)
含めた信じる気持ちがあります。
この神社があったことで、この緑の空間が残ったのかもしれません。
この街中のささやかな緑の空間に惹かれる人が少しずつ増えて、
「工房からの風」も立ち上がったのだと思います。

報告祭。
なにを報告したかというと、神社の名前が「おりひめ神社」になったということ。
この場の安全と繁栄を願って作れられた設立のときの願いを、工場時代にもっとも多く働いていた「おりひめ」に託して、名付けました。
そして、この名前は、「工房からの風」によって、この空間が息を吹き返したように人の行き来があったことにも、つながっていくかるしれません。

荒(すさ)ぶる気を鎮めて、安らかな気に整える。
神社の静かな佇まいに向かい合うと、そんなこころでありたい、と思えてくるのでした。
EDIT | 

左藤玲朗さんのガラス展

2006.08.10 *Thu
今回の「工房からの風」に出展する、兵庫県でガラスを制作する、
左藤玲朗さんの個展が、二子玉川のKOHOROさんで行われます。
15日?27日。会期中無休。



左藤さんとは、未だお会いできていない(数少ない?)出展者。
当日、初めましてになっちゃうかな。

「・・・古代ガラスのくすんだ色、江戸ガラスの飴色をイメージした新作やリサイクルガラスを使った作品などが並びます。」
とは、案内状の文面。

ぜひ、、行ってみたい、、(けど、行けるかな?)
千々に乱れるココロであります。
EDIT | 

磯沼ミルクファーム

2006.08.07 *Mon
工房からの風に、まきばカフェとして出展する、磯沼ミルクファーム

昨年、おいしいソフトクリームや、芳醇なヨーグルトを堪能された方も多いのでは!

磯沼さんは、東京都内で放牧で酪農をされている方。
先日は、スタッフがお訪ねして、その素晴らしいお仕事に触れてきました。
記事はこちら

その磯沼さんより、盛りだくさんの夏休みのお知らせメールをいただきました。
乳搾りはもちろん、日曜日には、石窯パンやパエリア作りもあります。

また、8月12日Am10:55には、テレビ朝日「食彩の王国」という番組で、
牧場のヨーグルト作りについて、放映される予定です。
この番組は、薬師丸ひろ子さんが語り部となり毎回一つの食材にスポットを当て
魅力を探っていくとのことです。

工房からの風は、工芸の作家が多いのですが、毎回、食に取り組む作り手にも、
参加いただいています。
磯沼さんの「ものづくり」には、わたしたちが感じてみたいほんもののことが
ぎゅっと詰まっているんですね。。
その結果が、「おいしい」なんて!!すばらしい!
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。