This Archive : 2008年07月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

小冊子

2008.07.20 *Sun
只今、案内状と並行して、小冊子を編集しています。

これはインタビューを載せるのではなく、作り手本人の生の言葉を綴ってもらいます。

毎回12人から寄せられる文章。

:::

作る人が必ず書く人、ではありませんね。
文章が「うまく」ても、作品のすばらしさとは別のことでしょう。

小冊子を編み続けてきての実感は、「うまい人には気をつけろ」でしょうか。
なぜならば、作り手の言葉から読み手が受け取りたいものは、
その人からしか生まれない、聴こえない、川の底に沈んでいるような言葉だから。
流れていく川面に映る、表面の景色のようなものではないはずだから。
うまく書こう、とすると、読み手に易く受け入れられる文章、
予定調和的なものに、つながってしまうみたいです。

今回、文章を寄せていただいたのは、これらの方々。(敬称略)

安斎新
石川文江
伊藤嘉輝
長南芳子
富井貴志
冨沢恭子
中本純也
西澤泉
古橋治人
松本玲子
三留司
山本あまよかしむ
:::

今日、最後に届いた(正確には書き直していただいた)長南さんの文章を読んで、
なんだろう、ちょっと込み上げてきてしまって、困りました。
困った、、、と書きましたけれど、それは深くうれしいことでもあったのです。

工房からの風をやってきてよかった。
企画者の私はそう思いました。
そして、作ることを続けていこう、
そう心深く励まされる人も多いでしょう。
そんな実感のこもった、すがすがしい文章でした。

なんだか、思わせぶりですみません。
この気持ちを心に沈めて、企画を進めていきましょう。。

小冊子は、当日はもちろん、先行で9月の「らふと」展でも
お手にとっていただけるように。。
スポンサーサイト
EDIT | 

ワークショップ

2008.07.19 *Sat
今日は、「手仕事の庭」で育てている藍を使って、
生葉染めのワークショップを行いました。
はじめての方が多いのですが、中には3年連続の親子さんもいらっしゃって。。。
何人かの小学生の子たちも、とっても爽やかな笑顔でした!
パッケージ化されたイベントではなくて、
育てている人たちと一緒に刈り取りから行う染め体験。
私もこどもだったら、きっと鮮烈に覚えているだろうな。
そして、そういう体験を一緒にさせてくれた人、(今日はお母さんが多かったかな)
への感謝というか、愛情が、心にしっかり育まれていくように思いました。

:::

今日は、今年の工房からの風で「トリの箸置きを作る」というワークショップを
してくれる金子佐知恵さんもウォーミングアップ!を兼ねて、参加くださいました。
参加くださった方々の笑顔に触れて、きっと当日へのイメージが豊かに膨らんだのでは。。
来週土曜日には、「らふと」で、このワークショップを一足先に行います。
当日は、参加希望の方が多くて、なかなか作っていただけないので、
この機会にぜひどうぞ。
午後の部、まだ少し余裕があります。
コチラへ→★

ほかの出展者の方々のワークショップや制作工程の公開も内容が決まりました。
また、近づきましたら、こちらでも詳しくご案内いたしますね。

EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。