This Archive : 2012年06月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

第10回工房からの風 2012について

2012.06.24 *Sun
出展者へのお知らせです。

本年10月13日(土)14日(日)に開催される「第10回工房からの風」。
只今の進行状況です。


現在決定している出展者の方々へ、
7月中旬までに場所のご提案と印刷制作物への表記確認、
小冊寄稿へのご案内などをいたします。

ホームページのリニューアルを7月中旬に実施予定です。
新しいドメインとなりますので、ホームページアドレスも変更となります。
(このブログも、新しくなります)

現在メインビジュアルが決定して、デザインワークも始まりました!
8月終わりには、第二回目の全体ミーティングですね。
梅雨から真夏に向けて、体調整えられて、お仕事爽やかに進みますように~。
スポンサーサイト
EDIT | 

10回記念企画について

2012.06.24 *Sun
240612aaa


6月もいよいよ最終週となりましたね。
お庭も真夏を前の佇まいとなってきました。

今年の「工房からの風」は第10回を迎えます。
2001年に始まって、当初は隔年開催でしたので、
12年を経て第10回。
干支も十二支すべてが巡ったことに!
早いものですね。(しみじみ・・・)

10回という区切りの年に、これからの滋養となるような企画をしましょう!
と昨年から具体的に動いてきました。
当初はコルトンプラザ内にあるホールを会場としての記念展を予定したのですが、
諸々の案件を検討して、別の企画を進めることになりました。
(この件で依頼しておりました作家の方々、
この場からもあらためてお詫び申し上げます)

そして現在進行中なのが、本作りです。
あらためて数えてみると、今までの9回の間に
409人の作家の方が出展くださっていました。
(複数回の方も1名として)

そのどなたもの工房、今、をお訪ねしたい気持ちなのですが、
それもかないませんので、
20名程の方の工房を5月からお訪ねしています。

「工房からの風」は、作家の工房が
ニッケコルトンプラザにやってくるイメージですけれど、
現実の工房で奏でられている風がどんなものなのか、
それを感じて、少しでもご紹介できたら。
そんな想いで始めました。

現在8割がたお訪ねしたところですが、いやぁ、なんというか、
テツガクの日々となっています。
ご紹介、というより、考察の旅!(笑)といったところ。

2001年の立ち上げ当初には思っても見なかった
いわゆる「クラフトフェア」ブームのような現在。
それは今まで工芸やクラフトと無縁であった方々も巻き込んで、
多くの方々が望むものになってきたという喜ばしいことであると同時に、
ブームの大波の中で、望む海路を見失いたくない想いです。

同じ船に乗り合わせた出展者についても、
作家、とか、作り手、とかあいまいに括っているけれど、
その当事者であるおひとりおひとりには、
迷いや悩みがたくさんあるのでした。

と同時に、それでも喜びがまんなかにある、
そんなこともあらためて思います。
(そうじゃなければ、続かないですし、
そうであるものと出会いたいですし。。)

なので、出来上がる姿は、
工芸の本であって、仕事の本であって、生き方の本でもある、
といった感じかもしれません。

第十回の本展と記念企画。
只今水面下で進行中です。
どうぞご期待ください!
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。