スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

古橋真理子さん

2008.09.29 *Mon
編む。
ものを作るなかでも、複雑な道具を介せずにできるシンプルなものづくり。
先日ご紹介した山本さんの「綯う」は手だけで出来ますけれど、
「編む」も棒一本という道具があれば制作ができるのですもの。
そんな素朴な道具から、人は美しい生活具を作ってきたのですね。

08maric


古橋真理子さんのお仕事。
ご本人からのメッセージでお伝えします。

「工房からの風」では、どんな作品を出品しますか。

原毛から紡いだウールを使って編み上げたマフラー、帽子、ブランケット、ベビー靴下など。
リネン麻を使ってレース模様で仕上げたストール、ベビー用品、コースターなど。

↑の画像はウールのベビー靴下。
贈りたい赤ちゃん、何人も浮かびます。。

08marid

↑今日のようにひんやりしてくると、こんな手紡ぎ(糸がふわふわ空気を含んであたたかそう)手編みのマフラーを巻きたくなりますね。

さて、次の質問、今、「工房からの風」をどんな風に思っていますか。
には、

工房からの風は分かりませんが、工房へ吹く風は予想以上に強風で、
しがみついていないと飛ばされそうです。

という答えが。。
真理子さん、ほんわかキュートさいっぱいの作り手さんなのです。
きっとブースでは、強風どころか、ほっこりとした風がゆるりと流れていますよ。

真理子さんは、日曜日のみワークショップを行います。
「手紡ぎウールで巾着を編もう」
というもの。
08maria
楽しいお人柄の真理子さんですが、ワークショップの先生もお仕事でしていらしたので、
きっと充実のワークショップとなることと思います。
(ワークショップについては、後日まとめてこのブログで特集予定です)

真理子さんの出展場所は、手仕事の庭、花壇の隣。
パートナーの治人(はると)さんの木工ブースの隣です。
おふたりの洗練されていながら、あたたかみのあるセンスも、
作品とそのしつらいを通して味わっていただきたいと思います。

ホームページManoSpunはこちら → 
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。