スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

前田充さん

2008.10.03 *Fri
「ki-to-te」。
「きとて」という名前には、
“木”と“手”の温もりが伝わる物作りをしたいという思いが込もっています。

前田充さんの工房名には、そんな想いがこめられています。

08maeb

こんなウォールナットのコーヒーメジャーを手にしたら、
「ki-to-te」がすっと伝わってきそう。

前田さんのホームページには、このような文章が綴られてありました。

「ki-to-teの物作りは、主に天然の 無垢の木から家具や小物を作っています。
何十年もかかって大きくなった木、その木の新しい命を吹き込むこと、
ずっと使って頂ける物を作り続けていくことです。
木はそれぞれみんな違う木目やくせがあります。
それぞれの持つ特徴に合せた使い方をしてあげることが大切です。
近年木は少しずつ減ってきていると聞きます。
だからこそ大切に一つ一つ形にしていきたいと思います。」

このような想いを抱く前田さん。
工房からの風にどんな作品を持って来られますか?


コーヒーメジャー、パン皿、片口の他、
一輪挿しやコースター、スツールなど小物を中心に出品します。

08maea
こちらは、チェリーの片口。
小さな片口はドレッシングを入れたり、ミルクピッチャーとして使られたもの。

今、工房からの風を、どんな風に思っていますか。

出展が決まってから少しずつ新しい作品作りを進めてきましたが、
それと同時に改めて自分を見つめなおして、
これから何をしていけばいいのか、
じっくり考えるいい機会にもなっていると思います。

特にお伝えしたいことがありましたら。

特別なものではなく、毎日くり返し使ってもらえる道具。
“なんてことないけどあると心地いい”
そんなもの作りをしていきたいと思っています。
工房からの風では、皆さんに一つ一つの作品に触れて頂けるのを
楽しみにしています。

08maec

クルミのパン皿も、やってきますね、きっと。
何かを主張するための道具ではなくて、
心地よい暮らしに添う道具。
ぜひ、会場で作品に触れて、その空気感も味わってみてくださいね。

前田充さんのホームページはこちら → 

出展場所は、コルトン広場、モニュメント周りです。
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。