スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

松居かおりさん

2008.10.07 *Tue
「篆刻」の技術や知識も豊かな松居かおりさん。
けれど、「ハンコ」として出展してくださるのですね。
その感覚が、親しみやすく、新鮮な「ハンコ」の世界を届けてくれるよう。。。

08mat3

松居さんは2回目の出展者。
それも貴重な第一回(2001年)に参加してくださっているのです。

まだ海のものとも山のものともわからなかった「工房からの風」に、
当時は宮崎県から参加してくれた松居さん。
7年の時を経て、今回は大阪から出展してくださいます。

松居さん、今回の工房からの風には、どのような展開をしてくださるのでしょう?

石のハンコと小さな木箱のフレームです。
「作り手45人の一文字」として、今回、ご一緒する出展作家の方々に、
「自分の仕事や作品を一文字で表すとしたら?」と尋ねて、
大切な一字を教えて頂いたのです。
素材、作る行為、テーマなど、いろんな視点から、ステキな字が届いたんですよ。
(↑の画像の文字はその中から、「匣」と「陶」)

08mat1

2回目となった「工房からの風」。
松居さんにとって、どんな風になっていたのでしょう?


7年ぶりの参加です。
前回は、夢中でまばたきもできないままの二日間でした。
今回は、一文字を尋ねることで作り手の皆さんと交流できて、
得るものが大きかった!
半年間、工房からの風を感じながら作って来ました。

工房からの風の特徴でもある、ミーティング、そう作家同士の出会いの機会を、
とても有効に生かしてくださって。。
出展作家のみなさんも、とっても嬉しい出来事だったと思います。

では、来場される方に、特にお伝えしたいことがありましたら。

篆刻というと、難しいイメージですが、漢字、かな、英文字、絵、何でもOK。
作るのも使うのも楽しいものです。
暮しの中での楽しみ方も提案していきたい。
オーダーも受けますので、作品例を見て、ご相談下さいね。

08mat2

和やかで品があるけれど、親しみやすく。。。
こういう「ハンコ」、私も欲しいです。

:::

松居さんの出展場所は、手仕事の庭、花壇の東側。
テントの上の木には、全員の出展者がそれぞれ大切にしている「一文字」印の
フラッグをそよがせる予定です。

また、ワークショップ、デモンストレーションもありますので、案内状を要チェック!
(トップページから、PDFファイルで見たり、印刷ができたりします。)

松居さんのホームページはこちらです。 → 
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。