スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

小冊子

2008.10.13 *Mon
131008

工房からの風では、小冊子を編んでいます。

作るひとが書く文章。
12人の作家から寄せられた800字ずつの原稿を、
冊子というかたちにしています。

今回の寄稿者とそのタイトルを。(敬称略)

長南芳子 「小さな村」
安齋新 「北陸での暮らし」
松本玲子 「靴への思い」
西澤泉 「重ねる時間」
古橋治人 「暮らしの中で」
冨沢恭子 「長老の布」
富井貴志 「心地よいもの」
三留司 「泡をつなぐ」
山本あまよかしむ 「草の学校」
伊藤嘉輝 「身近にあった宝物」
中本純也 「やきしめのうつわ」
石川文江 「原点」

タイトルから、すでに作り手の世界がほのかに見えてくるでしょうか。

:::

この小冊子は、毎回12人の作家に寄稿してもらっています。
お願いしているのは、観念ではなくって、具体的なことを書いてほしいということ。
それと、うまく書こう、なんて思わずに率直に思いを正確に言葉にしてほしいということ。
それが、ムズカシイ、のですけれどね(笑)。

作る日々にあるひとたちが綴った言葉。
ぜひ、お読みいただけたら、と思います。

:::

一部300円。
会場の各本部テントで販売しています。
青山ブックセンター本店でも取り扱っていただいています。
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。