スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

応募条件の補足・・

2009.03.06 *Fri
工房からの風では、会場の広さや丁寧に対応できる規模を考えて、
出展ブースを50としています。
限られた空間で心地よい展覧会を構成するために、
応募の中から選考をさせていただいています。

いわゆるコンペではありませんし、作品を競うわけではありません。
「工房からの風」という展覧会が適している作家を、
適したタイミングで選考できれば、と思います。
その基準のひとつとして、応募条件を設けています。
詳しくは、こちら→ をよくお読みいただきたいと思います。

ここでは、その中のいくつかの内容を少し補いますね。

・会期の前後1ヶ月以内に、個展、または規模の大きな企画展への出展がないこと。

これは今年から加えた項目です。
「工房からの風」は、ざっくりした目安でいうと、
個展と同じくらいの作品のヴォリュームが必要です。
過去出展者で、前後に個展や大きな企画展があった方は、
工房からの風への出展内容、量が充分ではないことが
多々見受けられました。
どちらの展覧会にとっても充実したものになりにくい場合が
ありますので、このようなご案内を加えています。
(もちろん個人差はあると思いますが、経験上の当方の希望です。
「工房からの風」に集中して取り組んでくださる方を
優先したいと思います。)

・2007年と2008年に出展した方は応募できません。
複数回出展者は20名以内としています。


限られた出展者数で開催しますので、
新たな作り手への機会を確保します。
また、複数回出展者の場合、前回の結果を踏まえて、
それ以後の活動から進化(深化)させた展開を期待します。
複数回出展者での応募の場合、「こんなことをやりたい!」
ということを、より具体的にお書きいただきたいと思います。

・今回が「工房からの風」に初出展となる場合、50歳未満であること。

作り手を年齢で判断することはできないこと、承知しています。
ただ、限られた人数で行う展覧会の中で、「新人作家を発掘する」ことも、
展覧会の大切な趣旨のひとつとしているために、
その判断基準のひとつとして、年齢制限を設けていることを
ご理解いただきたいと思います。
尚、ものづくりの先達として、50歳以上の作家で、
招待作家として出展いただくこともあります。

:::

繰り返しますが、「工房からの風」はコンペではありませんし、
作品の優劣を競うものでもありません。
精一杯選考をさせていただきますが、それでも工房からの風に適した
作り手を見落としてしまうこと、きっとあることと思います。

例年、以前選外になられた方で、再びの応募で出展いただく
場合もあります。
来場者(お客様)として見学に来られて、あらためて応募くださったり。
作る仕事は長く続いていくものだから、作家にとってこの機会が
もっとも適したタイミングで巡りあってもらえたら。。。
そんな風に企画者は思っています。
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。