スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

小冊子

2009.09.11 *Fri
工房からの風では、毎回「小冊子」を編んでいます。
出展者から12人の作家に文章を寄せてもらいったものをまとめます。

今回の執筆者はこの12人の方々。

熊谷茜さん(kegoya 籠制作)
antosさん(家具 オヴジェ)
瀬戸晋さん(木工)
垣本圭子さん(木工)
櫻井理人さん(染付け磁器)
古谷朱里さん(陶磁器)
平井沙織さん(鍛金)
戸田晶子さん(ガラス)
いわもとあきこさん(裂き織り)
森文香さん(染織)
菅野あゆみさん(綿紡ぎ織り)
藤原みどりさん(毛織物)

今年もこってりと濃く!?でも爽やかに、12人の文章が揃いました。
作り手自らが心の泉に釣瓶を落として、想いを整えて紡いだ言葉。

いただいた原稿、最初のままいただいたのはほんの数人。
ほかの方々とは、かなりやりとりしましたね。
書き直し、ずいぶんしてくださいました。
でも、皆さんお忙しい中、喜んで?書き直してくださって。

書きながら思いを整理された方が多かったみたいです。
聞こえの良い、社交辞令的な言葉をどんどん削いでいって、
自分の心に沈んだ想いとあらためて出合っていく。
よい機会にとらえていただいたようで感謝します。

刷り上って、まず全出展者にお送りしました。
同じ作り手として、しん、と心に響いて、めくる頁が震えた、、
とメッセージをくれた方も。

作り手たちは「もの」を作る人たちだけれど、
この言葉がこれからの種になったり、肥料になったりすることがあったら、
企画・編集者としては、とてもうれしいことであります。

さて、この小冊子、当日も販売いたしますが、
あらかじめ読んでから工房からの風にきていただくと一層、
深くさまざまなことと出会っていただけるかもしれません。

galleryらふと開館日には、らふとで。
都内では ヒナタノオトで先行販売しています。

また、郵送をご希望の方は、下記まで切手480円分を同封の上、
お送り先のご住所お名前を明記して郵便をお出しください。
(小冊子400円+ヤマトメール便代80円)

〒272-0015
千葉県市川市鬼高1?1?1ニッケコルトンプラザ
管理事務所内 工房からの風係

ぜひ事前読書!お薦めします。
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。