スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

吉田健宗さん

2009.09.16 *Wed
今回、応募を北海道から沖縄まで、全国からいただきました。
難航した選考をくぐり抜けて、実際に出展いただくことになったのは、
北は北海道旭川の瀬戸晋さんから、南は佐賀の藤原みどりさんと、
今回ご紹介する陶磁器の吉田健宗さんまでの日本各地からの作り手です。

吉田さん、8月のミーティングには、長崎から市川までやってきてくださいました。
遠方からの参加はとても大変なことと思いますが、
思い切って出かけてよかった、当日への漠然とした雲のような不安が晴れた、と、工房に戻られてから、明るいメッセージをくださいました。
ええ、作る人たちの醸し出すなんともいえない気持ちのよい気。
吉田さんからも発せられて、また、吉田さんご自身も吸収されたのですね。

吉田さん 「工房からの風」では、どんな作品と一緒にやってきてくださいますか?
特に見てほしいなぁというものもぜひ教えてください。


粉引きの白いモノ 黒い釉薬のモノ 茶色や黒のガサガサしたモノ
そして出展者の名簿に出ていた琺瑯みたいなモノ
いつもの食卓で使ってほしい食器たちと。


陶芸、焼き物なのだけれど、ちょっとニュアンスがあるもの。
異素材の風合いを感じさせるような、楽しい表情の陶磁器ですね。


yoshiken1



吉田さんにとって、「工房からの風」ってどんな風ですか?

いろんな出会いの種を運んでくれる 素敵な風です。
良い出会いが 自分や相手に種を撒き
芽吹き ぐんぐん成長しますように。


ええ、そうなるように、私たちも願っています。
丁寧に見て、感じてくださる方々が
たくさん工房からの風にいらしてくださるように・・・。


yoshiken2



来場される方々に、吉田さんからお伝えしたいことが
ありましたら、ぜひに。


普段使う食器を 心地良いモノに変えると
それだけで毎日が ちょっぴり幸せになる気がします。
そのお手伝いが出来れば、と思いながら 日々作ってます。
当日はいろんな使い手の方に お会いできればと思います。



yoshiken3


吉田さんが出展するのは、庭の奥。
稲荷社の近くです。
ひょうひょうとした表情の陶磁器が、緑や岩のある空間で、
気持ちよさそうに日向ぼっこ、していますよ、きっと。
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。