スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

TETOTEさん

2009.09.23 *Wed
手から手へ
作り手から使い手へ

そんな想いを工房名にしたのが、
TETOTEのおふたり。
ご夫婦ユニット、テトテ、さんです。

「手がつなぐこと・もの」をテーマに、
ハンドステッチや刺繍など、革・布・木を素材に
温かさのある物作りを大切に制作されています。

で、いったい、どんなものづくりをされているのでしょう。
TETOTEさん、「工房からの風」では、
どんな作品と一緒にやってきてくださいますか?


はい、小さな丸い小物入れTUTUを中心に、
スツール・ブックカバー・ベルト・バッグなどを。

TUTUというシリーズは、私たちが名づけた布張りの小物入れです。
カルトナージュとは違い、張りの技術を使い製作しています。
今回、初めての試みとして、
このTUTUのサイズを大きくし、スツールにしてみました。
オモチャや本などがしまえる子ども用スツール。
もちろん大人も座れますよ!
ウレタンや綿を使って、やわらかな座り心地に仕上げました。
ふわりと温かい小さな椅子に、
ぜひ触れて、開けて、座りに来てください。


tetote2

実はTETOTEさん、いす張り一級技能士の資格をお持ちなのです。
いす張りとは、いすの躯体に革や布を張ることですね。
その技術を生かして、暮らしの楽しい小物づくりを始められたのですね。

そんな高い技術を持ったTETOTEさんにとって、
「工房からの風」ってどんな風に感じられていますか?


それぞれ違う風が吹き込んでまた違う風となる分岐点。
今はただ想像することしか出来ませんが、
さわやかな秋のような風が吹いていれば良いなと思います。
とにかく自分たちも楽しんで、
来場される方たちと有意義な時間を過ごせれば!と思っています。



tetote1

なんだか手にとって、中身を見たくなる作品ですね。

では、TETOTEさん、来場される方々に
ぜひお知らせしたいことをどうぞ。


両日11時からと、15時から、それぞれ一時間ほど、
椅子張りのデモンストレーションとして、
TUTUスツールの製作工程を一部実演します。
TUTUスツールが出来ていく過程を、
少しでも見ていただけたらと思います。



tetote3


「紙管で作る子どものスツール」
というタイトルにしたのは、子どものおもちゃなどをしまえたらいいな、
ということでしたね。

若いおふたりと打ち合わせをしながら、きちんと手にされた技術を、
皆さんと一緒にぜひ工房からの風で見せてほしい、、って思いました。

TETOTEのおふたりのブースは、コルトン広場モニュメント周り。
しっかりとした作りと、心弾むデザインが生まれる手と出会いに、
ぜひお訪ねください。
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。