スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

岩本倫子さん

2009.09.30 *Wed
かわいい。
この言葉って不思議です。
私も日頃よく使ってしまいますけれど、
「工房からの風」でこの言葉を使うとき、
ちょっとためらいの気持ちが生まれます。
なぜでしょうね。
(でも、ちょっとわかりますでしょ?)

けれど、今回ご紹介する岩本倫子(りんこ)さんの作品は、
胸を張って!「かわいい」、とご紹介いたしましょう。
かわいい、の奥行きに、作者の丁寧な想いと
手の仕事が詰まっていますから。

倫子さん、「工房からの風」では、どんな作品と一緒に
やってきてくださいますか?
特に見てほしいなぁというものもぜひ教えてください。


「うふふ」と思わず表情がゆるんでしまう、愉快な仲間達(作品)と
伺います。
ほっこりとする温かい絵付けの器や壁掛け、置物等が登場します。
手に取っていろんな角度から見て頂きたいです。



iwarin2


今、倫子さんにとって、
「工房からの風」ってどんな風ですか?


ものを作っていると自分と向き合う時間は長いものの、
意外と自分がよく掴めていなかったりします。
しかし、今回多くの作家さん達と肩を並べる事により、
自分の立ち位置が確認できたり、主催者の皆さんの
温かい励ましの言葉を頂き、客観的に自分を見つめることができました。
確かに私の頭の中にいい風が入ってきたんですよね。
あの風は、たくさんの種子を運ぶ春風のようでした。



iwarin3


今回このブログでご紹介する作品は、
わりとあっさりとした絵のものですが、
物語性や、くすっとしたおかしみをたたえた
書き込んだ作品も魅力的ですよ。


来場される方々にお伝えしたいことがありましたら、ぜひに。

作品に触れた時、耳を澄ましてみて下さい。
ちいさな声が「あのね・・・」と囁いているはずです。
お時間の許す限り、その声にお付き合い頂けたらと思っています。
作品と共に心わくわくで皆様のお越しをお待ちしています♪



iwarin1


作者のりんこさんご自身が、とても穏やかで、
ふかぶかとしたお話しぶりの方で、
ずっとお話ししていたくなってしまいます。
そんなりんこさんの出展場所は、コルトン広場、モニュメントの近く。
「かわいい」陶磁器の世界。
ぜひお楽しみください。
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。