スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

磯敦子さん

2009.09.30 *Wed
磯敦子さんは、今回3回目の出展です。
オブザーバーとして、会を支える裏方もしてくださったこともある、
工房からの風の意味をとても理解して、
育んでくださっているおひとりです。

さて、磯さん、今回の「工房からの風」では、
どんな作品と一緒にやってきてくださいますか?
また、特に見てほしいなぁというものもぜひ教えてください。


綿の自然の色に藍をあわせました。
藍の布を持って行きます。
藍のマフラーとおそろいの巾着、ポシェット、ブックカバー
刺繍のピンクッション、刺繍の糸も手紡ぎです。
ちいさな端切れや残りの糸も大事に大事に使っています。
豆粒みたいにちいさなものも少しだけ・・・


isoatsu1

磯さん、もともと藍工房で修業を積まれた方。
今は紡いだ糸を、学んだ藍工房で染め上げてもらい、
しっかり染まったふくいくと匂いたつような濃い藍の糸にしたものを
織りあげてもいます。
磯さんの藍の綿糸、布、とても魅力的ですよ。


今、磯さんにとって、「工房からの風」ってどんな風ですか?

たくさんの思いが形になるところ
当日は台風の目みたいに
真中は穏やかです。


あ、わかりますー、その感じ。。
同感です!

isoatsu2

来場される方々にお伝えしたいことがありましたら、ぜひに。

綿から紡いだ糸で織っています。
手紡ぎの布の肌触りを確かめてみてください。

首に巻いたり、手の平にのせてみたり
ふんわりしているような・・・しっかりしているような・・・
触ってみて感じたこと聞かせてください。

工房からの風では糸紡ぎのワークショップもします。
綿から糸を紡ぐ楽しさを感じ
いつか自分の布を織るイメージを膨らませることも出来ると思います。
誰でも糸は紡げます。糸紡ぎって何?というひともぜひ!



isoatsu3

磯さんの展示とワークショップの場所は、コルトン広場、
モニュメントに面したところ。
お庭で育てた棉も一緒に置いて、皆さんに触れていただきましょうね。
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。