スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

さこうゆうこさん

2009.10.01 *Thu
今回、ガラスの出展者は7名います。
色鮮やかなガラス、文様の心楽しいガラス、
ぽっちゃりとしたガラス、うっすらとしたガラス。
用途も飾ることを主としたインテリアのものから、
ハレの日にふさわしいもの、毎日を彩るもの・・・。

そんな中、さこうゆうこさんのガラスは、
透明で、さりげないけれど、じわじわと心に響いてきて、
いつもまにか手放せなくなっていく器のような気がします。

さて、さこうさん、 「工房からの風」では、
どんな作品と一緒にやってきてくださいますか?
特に見てほしいというものもぜひ教えてください。


ヒヤシンスやムスカリなどの球根を水栽培する為のポット。
いろんな形、いろんな大きさのハナイレ。
工房からの風のご縁で「グラスジェリーシリーズ」
と名前をいただいたコップ色々。

その他にも鉢や皿等うつわも色々持って行きたいと思っています。
球根の水栽培はいくつかは育て始めているので、
実際に根っこが伸びたところや、葉っぱが伸びたところを
見ていただけると思います。


sakoyu3

素敵ですねー。
実はすでに、さこうさんのホームページをご覧になって、
ぜひこのポットが欲しい!というお問い合わせもいただいているのです。
(すみません、、お取り置きはできませんので、
お早めにさこうさんのブースへ!)


さこうさん、今、「工房からの風」ってどんな風に感じていますか?

沢山の風が集まって小さな庭でクルクルと巻いている
つむじ風みたいな感じです。

普段とても出不精なわたしにとって、
たくさんの風が吹く庭へ足を運ぶことに少しの勇気が必要でした。
春、夏と足を運ぶたび吹いている風の力強さにあてられてクラクラ。
今もドキドキしていることには変わりありませんが、
スタッフの方に助けられ、少しずつ落ちついて
風に向うことができるようになった気がします。

わたしが日々作っている場所で吹く風も小さな庭に届けたい。
そこでクルクル回ってその先は何処へ吹いていくのか・・・。
もうすぐつむじ風の中に参加です。ドキドキだけど楽しみです。


sakoyu2

この透明のガラス。
色のあるものを注ぐと、表情がぐんと鮮やかになりますよ。
底にガラスのゆらぎが感じられるのです。
まるでジェリーのように。
つい、グラスジェリーという名前を提案してしまいました。
あ、もちろん、透明のお水もすてきに映ります。
さこうさんのブースでぜひ見て、感じていただけたら。

では、さこうさん、
来場される方々にお伝えしたいことがありましたら、ぜひに。


当日はニッケ鎮守の杜の草花をハナイレに飾って、
コップには水を入れて、実際に使った感じを
見ていただけたらと思っています。
水が入った感じ、緑が入った感じ、空(カラ)の時と違う表情を
見ていただけたらと思います。
沢山の方にお会いできることを楽しみにしています。



sakoyu1

さこうさんのブースは、スペイン階段前、
本八幡方面から会場に入ると、まっさきに出会うところ。
新藤佳子さんのお隣。
お庭の植物をお届けして、その透明な美しい器に、
たんと生けていただこうと思っています。
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。