スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

サノアイさん

2009.10.10 *Sat
女性の木工作家、先日は垣本圭子さんを
ご紹介させていただきましたが、
今回は、サノアイさんを。

サノさんは、なんだか楽しいことを、わくわくすることを抱えながら、
工房からの風に参加してくださったようですが、
作品はどのようなものを出してくださいますか?


クルミや桜、にれの木のお皿、お盆、まな板など
食にまつわるものの他、小物入れ、郵便受けポストなど
こころ楽しいものたちとうかがいます。


sanoai3

基本はシンプル。
けれど、シンプルに縛られずに、くすっとほほえみたくなるような
文様、ステッチ、意匠を施した木の器。

きっとサノさんの気分が素直に現れているのでしょうね。
そんな心地よい加減の文様が、とても新鮮に映ります。

サノさんにとって、「工房からの風」って
どんな風ですか?


人と人、人ともの、人と場がつながる、
静かなエネルギーあふれる場所。

心境としてはスキージャンプの助走中です。
高所恐怖症ながらも、
今年の5月に斜面を加速しながら助走を始め、
追い風、向かい風、いろんな風が吹くけれど
全部がひとつの風になり、
ようやく踏み切り台から飛び出す所。

空中に飛び出す時にどんな風が吹いているのか、
うまく風に乗れるのか、
不安ながらも、ふと周りを見るといろんな作り手の方が
踏み切る所が見え、こころづよいといった感じです。


sanoai2


なんだか実感こっもっていますね!

サノさんの第一印象は、青空。
最初の集まりで、緊張でガチガチになった出展者ばかりの中で、
スコーンと突き抜けたというな明快さがありました。
どうもご本人的には、カチコチだったようですけれど。

その後のやりとりを通して、
ものを作り続けていこうとする人の多くが抱えるさまざまな迷いや、
くぐもった想いの最中にあるようでしたけれど、
でも、きっと第一印象の青空が、サノさんの真骨頂。
こういうものが作りたかった、というものをまっすぐに作ったら、
サノさんの手ならではの木のものが生まれてくるって思います。

ではサノさん。
来場される方々にお伝えしたいことがありましたら、ぜひに。


その場所でしかできないこと、
人と何かがゆるやかにつながることを
大切にしています。

ワークショップでは会場となる鎮守の森の剪定枝を使い、
バードコールづくりをします。
お子さんでも簡単に作れますのでぜひご参加くださいね。

また、paper work golaa::gotaaさんのワークショップ
「ハガキのリレー」に関連して、投函ポストを製作しました。
このポスト、ギャラリーらふとを模しています。
ポストの正面にはオリーブの木のイラストが描かれています。
これはスタッフのうさみさんがイラストにして下さったものです。
(とても素敵!)
「ハガキのリレー」、ぜひつないでください。

その日、その場所に吹く風をたくさんの方たちと共有できますことを、
たくさんの方とお会いできますことを楽しみにしています!



sanoai1

サノさんからまず提案をいただいたのが、このポスト。
「おりひめ郵便箱」と名づけて、これからもgalleryらふと
さまざまなシーンで活躍してくれますね。

この庭の枝を使ったバードコール作り。
先日も椎の木の剪定で、このワークショップ用にキープしましたよ。

ハガキのリレー、と、バードコール作りのワークショップについては、
別のエントリーでご紹介しますね。

サノアイさんの出展場所は、おりひめ神社の手水場のふもと。
青空のような爽やかさで、皆さんとの出会いをお待ちしていますよ。
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。