スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

津村里佳さん

2009.10.07 *Wed
テーブルウエアとしてのガラス。
食べる時間をいきいきと楽しく過ごすためのガラスづくりをする
津村里佳さん。
料理研究家の方のアシスタントも務めていた津村さんは、
こんなガラスの器があったらいいな、というツボを押さえています。

津村さん、工房からの風には、
どんな作品と一緒にやってきてくださいますか。


香木の実が似合うサイズの小さなドームから、
お菓子を作りたくなるサイズのドームまで。
蓋付きのボトルや、小さなお皿など。
      
いつもの空間や時間に、楽しみをちょっとプラス
できるようなモノを持って行きたいと思っています。      
      

tsumuri1

ありそうでないのですよね、こういう素敵な器。

さて、津村さんにとって、
工房からの風ってどんな風になっていますか?

            
最初。
巻き起こるであろう風に乗らなければと必死でした。     

ある日。
肩の力をストンと抜いたらフワリと浮きまた。

今。
出会った人達や支えてくれている人達と
過ごしてきた時間が素になって
吹いている風なんだと思っています。



tsumuri2

津村さんは千葉県在住ということもあって、
庭の手入れにお手伝いにきてくださったりと、
うれしい交流をしてくださっています。

さて、来場される方々にお伝えしたいことがありましたら、
ぜひに。

      
手にとって頂いた方の楽しい閃きで
表情が変わっていくようなモノを作りたいと思い、
制作しています。

自分なりの使い方を発見して、
楽しんで使って頂けたら、とても嬉しいです。

当日はらふとのお庭にいる植物や木の実を
ディスプレイに使わせていただくことになっています。
何を合わせようかと今からとても楽しみです。

皆さまと晴れた空の下、
お会いできることを心より願っています。



tsumuri3


津村さんの出展場所は、スペイン階段前。
お庭の草花たっぷり添えて、
愛らしい笑顔で皆さんをお待ちしていますよ。
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。