スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

antosのおふたり

2009.10.14 *Wed
今回ご紹介するantos
小林寛樹さんと水田典寿さんのユニットです。
antosとは、ギリシャ語で「花」を意味する語をもとにした言葉とのこと。
ホームページには、このように書かれてありました。

数万年も前のヒトの墓から、死者と共に花粉が出土するという。
ヒトは太古の昔から、今も変わらず花に想いを寄せ続けている。
ずっとヒトの心に寄り添い続けていくもの
そんなものが作れたらいい。



antosさんの作り出すもの。
いわゆるジャンルでお伝えするのが難しい。
なので、直接お聞きしてみましょう。
antosさん、工房からの風にはどんな作品とともに、
やってきてくださいますか。


椅子 テーブル 照明 など家具全般と
小さなオブジェや小物達です。

キッズチェアもたくさんです。
子供が大きくなってからも
部屋や庭に置いておきたくなるような小さな椅子。
そんな椅子が作りたい。
その子の子供がまた座っていてくれたとしたら
すごく幸せ。
贈り物にもどうぞ。
 


qantos1

それぞれに金属の技術を学び、現場でその技術を積んだおふたり。
心に想い描いた姿は、手を通してかたちになっていく。
それが、見る者、触れる者に何かを感じさせていく。

antosさんの作品は、静かでどこか官能(感応?)的な
気がするのは私だけでしょうか。

さて、antosさんにとって、
工房からの風ってどんな風でしょう。


静かな鎮守の杜に年に2日間だけ
突如現れそして跡形もなく消えていく
サーカスのようなカーニバルのような
そんな眩しく儚いもの。


antosa

そうか。
眩しく、儚いもの。
antosさんの世界が、鎮守の杜の中で、
忘れがたいシーンを残していくのでしょう。

来場される方々に、お伝えしたいことを。

サーカス小屋や大きな荷車 すべて自作です。
染めた三角旗 青空に並べます。

ひとつひとつの作品だけでなく
その場の「空気」がひとつの大きな作品だと思っています。

共有した人々の記憶の中にのみ存在し続ける場所
目に見えないけど確かなもの
誰かの胸に残したい。
まずは自分達が楽しみます。
皆さんにも喜んでもらえたら嬉しいです。


qantos2

サーカスのような、カーニバルのような。
弾みながらも、心が鎮まるような世界。

antosさんのブースは、ニッケ鎮守の杜に入って、
土壁のギャラリーらふとの隣。
さて、あなたは、どんなシーンを心に映し出しますか。
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。