スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

鈴木美佳子さん

2010.10.04 *Mon
魅力的な陶芸作家がたくさんの今年の工房からの風。
今回メッセージをお届けするのは、福島で作陶される、
鈴木美佳子さんです。

sumi2


【風】
鈴木さんは、どんな作品を持って工房からの風へ来られますか?



【鈴木】
器を中心に展示したいと思ってます。
ポットや土瓶、マグカップなどのお茶の器や、
子供用としても使える器などを、じっくり見ていただけると嬉しいです。



土の風合いと色彩が優しく穏やかな印象の鈴木さんの陶器。
小さな女の子さんのお母さんでもある
鈴木さんならではの器もあるのですね。



sumi3


【風】
鈴木さん、工房からの風って、
どんな風ですか?



【鈴木】
「きりり」とした風。
高い山の頂上や、吊り橋の上にいるときに、
ぴゅううと吹いてくる気持ちの良い風。
緊張しながらワクワクしている感じです。



わぁ、そうなんですね。
鈴木さんも熊本さんと同じく2007年に続いての二回目の参加。
二回目ですと、いっそう、そんな風に感じられるのですね。




sumi1


【風】
来場されるかたへ、鈴木さんがぜひお伝えしたいたいことを。



【鈴木】
毎日の生活の中に、お気に入りのものがあると、
ちょっと楽しい気分になると思うんです。
身につけるものでもいいし、器でもいいし。

お気に入りのお皿が一枚あるだけで、
何だかお料理が楽しくなるような!

「楽しい!」が溢れている二日間になればいいと思ってます。



ええ、ほんとうに。
鈴木さんの楽しい気持ちがあふれている器は、
スペイン階段前のテントに。
本八幡側から来ると、まっさきに目に飛び込んでくるのが、
鈴木美佳子さんの雰囲気豊かな陶器の数々です。
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。