スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

土岐将廣さん

2010.10.05 *Tue
しばらく陶芸作家のご紹介が続きましたね。
まだまだ魅力的な陶芸作家が多いのですが、
今度は木工の作家からのメッセージをお届けしましょう。
トップバッターは、土岐将廣さん。
岐阜県恵那市で、「マサチロ雑貨店」という工房を開いています。


masachi1


【風】
土岐さん、 「工房からの風」には、
どんな作品と一緒にやってきてくださいますか?



【土岐】
スプーンやフォーク、プレート、トングなどの
食卓まわりの生活雑貨を主に展示する予定です。



上の画像もその一端ですね。
楽しいおやつ時間が過ごせそうな木の器と木の道具。



masachi3


【風】
土岐さんは、「工房からの風」をどんな風に
感じていらっしゃるのでしょう?



【土岐】
人と人を繋ぐ風でしょうか。

ミーティングの際、他の出展者とお話をする中で刺激を受けました。
個性のある方々ですが、意外な共通点があったりもして。
モノづくりをしていなければ、こんな出会いはなかったわけで。

当日は様々な方向から吹く風が旋風となって、どうなるのか?
楽しみです。



そうですね。つなぐ風でもありますね、きっと。
「工房からの風」の特徴として、出展当日までに、
作家同士が親しくなれる機会がありますね。
土岐さんもその機会を有効に生かされて、
これからのものづくりに刺激や励みとなる同志と
出会われたのではないでしょうか。



masachi2


【風】
土岐さん、会場に来られる方々にお伝えしたいことを、
ぜひどうぞ。



【土岐】
家具や生活雑貨をつくっているのですが、
一番に道具として使い易いモノ作りを心がけています。
素直な感想をお聞かせ下さい。

当日は削り台を持ち込んで、鉋がけをします。
宜しければ工房での作業風景の一端をぜひご覧ください。



土岐さんの木工の特徴のひとつは、
使う人が心楽しくなる姿であることのような気がします。
使いやすいことに、使う心が元気になることが加わって。
ここでご紹介した作品以外にも、いろいろなバリエーションがありますよ。

土岐さんの出展場所は、コルトン広場。
陶芸のtaro-coboさんと、染織の浅井洋子さんの間。
鉋(かんな)掛けで、木の香りを立たせながら、
暮らしが楽しくなる木の器に囲まれていますね。

ホームページはこちら → です。
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。