スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

たくまポタリーさん

2010.10.06 *Wed
山田洋次さんのお隣には、やはり陶芸作家のブースがきます。
山田さんの飴色や黄色のこっくりした色合いと一転、
さまざまな表情の白い器だけを制作するひと。
たくまポタリーの宅間祐子さんです。


takuma3


【風】
たくまさん、工房からの風では、どんな作品を出されますか?



【たくまポタリー】
・・・あれやこれや、持って参ります!

毎日の心地よい暮らしを支える器、
をこころがけて制作しています。
食の器、花の器、いろいろ、さまざまに。



白い器は、広く人気がありますが、
白といっても風合い、表情はいろいろ。
たくまさんの白は、何種類もの白があるのです。
そのどれもに統一感があるのは、きっと作者の腕の確かなのでしょう。
バリエーション豊かでも、ぶれのない白の器です。



takuma1


【風】
たくまさんにとって、「工房からの風」って、
どんな風に感じられますか?



【たくまポタリー】
「工房からの風」という風に吹かれることによって、
自分の仕事の輪郭が くっきりしてきたような・・・。
そういう風です。



もし、そうであったなら、企画者としてもうれしいです、とても。
初夏の日。
金沢からニッケ鎮守の杜に打ち合わせに来てくださった時、
その作品にとても爽やかな美しさを感じました。
制作数も安定されているようで、頼もしく感じた出展者のお一人でした。



takuma2


【風】
たくまさん、来場される方へ、メッセージをお願いします。



【たくまポタリー】
ただいま、最終工程の窯作業に入りました。
当日は、たくまポタリーからの風も感じに、ぜひいらしてください。

そして、会場のすみずみに、「こんなの欲しかった!」
「これ、使ってみたい!」という、共鳴の風が吹きめぐりますように・・・。 


そうですね。
出展者のみなさんの素敵な作品が、きっとそんな共鳴の風を起こしてくれますね。

たくまポタリーさんのテントは、ニッケ鎮守の杜のちょうど中央部。
動物が描かれた坂井千尋さんの陶器、飴色の山田洋次さんの陶器と、
たくまポタリーの白い器が、緑の下草の上で気持ちよく並んでいることと思います。

たくまポタリーのHPはこちら → 
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。