スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

遠藤マサヒロさん

2010.10.05 *Tue
さて、もうお一人、木工作家の方からのメッセージをお届けしましょう。
茅ヶ崎で制作される、遠藤マサヒロさんです。

enma2


【風】
遠藤さんは、どんな作品と一緒に工房からの風にやって来られますか?



【遠藤】
ちょっと歪んだ木の器や、ランプシェード、カッティングボードなどです。
暮らしの中であたたかい気分になれるものがつくれたらな、と思っています。



洗練されたフォルムに、温かみを残した木の器。
遠藤さんならではの木の器、感じてもらえると思います。



enma3


【風】
今、遠藤さんにとって、「工房からの風」ってどんな風ですか?



【遠藤】
ハラハラ、ドキドキ、ワクワク・・・。
出逢いですね。
素敵な風があちこちから。

Breeze is nice
そうありたいです。



遠藤さんは、過去7回のほとんどに来場されているのですって。
作り手となる前から、「工房からの風」を
感じてくださっていたのですね。
今、作り手として、出展者として、この場に立つことは、
どんな気持ちなのでしょう。。

・・でも、きっと追い込みの日々で、
そんなことを考えている余裕はないかもですね!



enma1


【風】
遠藤さん、来場される方々にお伝えしたいこと、
今回のとっておき、ぜひ、お教えください。



【遠藤】
木は生きていますからいろんなヤツがいて・・・。
節があったり、曲がっていたり、反っちゃうヤツもいたりして。
でも、そんなのもいいのかなぁと。
キチッとしていない私には(笑)。
カッコイイモノより、心地いいものを。
手にとっていっぱい触って欲しいと思います。



遠藤さん、きっとたくさんの作品を作って来られるのでしょうね。
今回の出会いの中から、同じ出展者、金属の中村智美さん、
陶芸の山田洋次さんと、カッティングボードのコラボ作品も制作されています。
木のボードに、鉄の取っ手や、
陶板(タイル)が埋め込まれた欧風のカッティングボード。
これらも、ぜひ見ていただきたいですね。



遠藤さんの出展場所は、おりひめ神社、鳥居の近く。
稲荷社の手前でもあります。
神聖な高木に囲まれて、いろいろな表情をした木の器が、
きっと居心地よさそうに並んでいることでしょう。

遠藤さんのブログ「under the tree* on the wave*」は、
こちら → 
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。