スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

長谷川風子さん

2010.10.11 *Mon
長谷川風子さんは、益子で制作する陶芸作家。
ギャラリーらふとの奥、参道の入り口付近の
樹木や岩のあるスペースで展示をしてくださいます。


fu3

【風】
長谷川さん、「工房からの風」には、
どんな作品と一緒にやってきてくださいますか?



【長谷川】
動物などのレリーフを貼付けて作る、「エンブレムシリーズ」の食器、
生き物モチーフの蓋物や小さなオブジェ、絵を描いたマグカップなど。

日常の中で何気なくそこにあって、空気を作れるものになれば、
と思って作っています。



夢のある作品。
と、言うのは簡単ですけれど、
夢のある世界を具現化するのは簡単ではありませんね。

風子さんの作品が、庭の空間の中で、どんな世界観を放つでしょう。
出会うのが楽しみですね。



fu2


【風】
今、長谷川さんにとって、「工房からの風」ってどんな風ですか?



【長谷川】
「工房からの風」は色々な作家がそれぞれ風を持ちよって、
上昇気流を起こすイメージで、私に風が持ちよれるのかなと、
はじめは気持ちがざわざわしていました。

今は、出来るだけ空気をあつめて、
当日ふわりと漂わせられたらと思っています。


なんといっても、「風子」!さんですものね。
風子さんのブースはテントではなく、自然に溶け込んだブース。
作品、木々、岩の中に、すらりと美しい女性が立っていたら、
それが、きっと風子さんですよ。



fu1


【風】
風子さん、来場される方々にお伝えしたいことがありましたら、ぜひに。



【長谷川】
風の通るなか展示出来るのが、今とても楽しみです。
ひとつひとつ少しずつ違うので、ゆっくり見て、
楽しんでいってもらえたら嬉しいです。



長谷川さんのブースのまわりでは、染織の武井春香さん、
金森愛さん、野田桃子さんたちが華やかに展示をしています。

作品を巡って、自然の風を感じながら、
ぐるぐる展示を堪能してみてください。
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。