スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

井口いすゞさん

2010.10.14 *Thu
「工房からの風」をきっかけに、制作を再開された金森愛さんの次には、
「工房からの風」をきっかけに、ソロデビューを果たす方をご紹介しましょう。

井口いすゞ さん。
ガラス作品での出展です。


isuzu3


【風】
井口いすゞさん、「工房からの風」には、
どんな作品を出展くださいますか?
特にお薦めの作品も教えてください。



【井口】
色とりどりな作品とお邪魔させていただきます。
透過光・反射光による表情の変化を楽しんでいただけたらと思いますが、
その代表として大福の一輪挿しは
是非手にとっていただきたい作品です。 



透明感のほかにもガラスという素材が抱く魅力。
どこかキュンとするような、心にぽっと明かりが灯るような、
作品づくりが、井口いすゞさんの魅力のひとつでしょうか。

和菓子の世界の美に共鳴する方のマインドには、
特にぐっと来るような気がします。



isuzu2


【風】
井口いすゞさんにとって、
「工房からの風」ってどんな風ですか?



【井口】
以前、違った形で参加させていただいたことがありますが
当日だけではなく、その前もその後も吹き続ける風のように思います。

「東風・西風・南風・北風・そよ風・春風・木枯らし・向かい風・追い風・・・」

爽やかだったり、緊張したり、考えさせられたり、実りがあったり。
そして今年もまた、さまざまな風に吹かれているのを感じています。



実は、井口いすゞさんは、木村泰明さんとともに、
ご夫婦でJUNIOとして作品発表をしています。

JUNIOとして出展いただいたり、オブザーバーとしても参加くださった、
「工房からの風」の達人?でもあります。
ソロデビューの機会に「工房からの風」を選んでくださって、
とても光栄です!



isuzu1


【風】
井口いすゞさん、来場される方々にお伝えしたいことがありましたら、ぜひに。



【井口】
会場の熱気と一体感を感じていただきたいです。
私流「工房からの風」攻略法は、
一日中じっくりご覧いただく事をお勧めいたします。

その熱気の中、長い時間を共有していただくと
違った視点から作品の面白さを発見する事が出来るからです。



土壁のgalleryらふとを前に、
美しいもの、可憐なもの、いすゞさんの掌中の珠のような
ガラスの世界が集います。

(いすゞって、たくさんの鈴、珠という意味もありますね、
名は体を表す。愛らしい名前の通りの作品(そしてご本人)ですよ!)

galleryらふとの脇では、木村泰明さんの渾身のガラスオブジェも展示されます。
「大粒の雨を運ぶワゴン」

こちらも合わせて、ぜひ体感してみてくださいね。

井口いすゞさんのほやほやのHPはこちらから → 
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。