スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

よぎみちこさん

2010.10.11 *Mon
今年は四国からの出展作家もいます。
愛媛県松山市からの、よぎみちこさんです。

yogi3

 
【風】
よぎさん、工房からの風には、どんな作品とともにやってきて
くださいますか?
特に見てほしいものがありましたら、ぜひに。



【よぎ】
ふたモノ、食器、ミルクパン、電気の傘などなどを伴って参ります。

特に見て欲しいものは、
自分の中では、ちょっと遊び心が強すぎてどうかな?と思っていた
ふたモノのかぶりものシリーズを、今回は楽しんで絵付けをしました。

凝った絵付けではないけれど、ひとつひとつの模様を見てほしいです。
対極に、線を残すようにカリカリ削った、絵付けのない磁器も
手に取って、あたたかみのある感触を味わっていただけましたら。



よぎざんは、作品構成を考える中で、いろいろ悩まれたようですね。
でも「工房からの風」にいらしてくださるお客様たちは、
きっとさまざまな感想、反応を示してくださることでしょう。
工房の中だけでは感じられなかった、作品の感じられ方、
ドキドキでもあり、楽しみでしょうね。



yogi1


【風】
よぎさんにとって、「工房からの風」ってどんな風ですか?



【よぎ】
この質問に一番、頭を悩まされました…

『工房からの風』・・・
工房からのってことは、うちからの風?
うちから、風なんて吹いているのかな?
吹かせることができるのかな?

いや、『風』ってそもそもなんだろう?
と辞書を引いてみたり。

うちはどちらかといえば、
よく似た字で反対の『凪』のほうがしっくりくるのでは?

すみません。結局まだよく分かりません。
展覧会を、あと10日ほどに控えた我が工房の状況は
間違いなく『台風』のさなかといった感じではありますが。



よぎさん、すみませーん。
このお忙しい時にこんなに悩ませてしまって!!
でも、なんてまじめな方なのでしょう。

台風の日々のあと、抜けるような青空のような晴れ晴れとした
気持ちで四国からいらしてくださいね。



yogi2


【風】
よぎさん、来場される方々にお伝えしたいことがありまたら、ぜひに。



【よぎ】
ほかのクラフト展とはひと味ちがう雰囲気のイベントだと聞いています。
緊張しつつも、お客さまとのやり取りを一緒に楽しめたらと思います。
作品の使い方のアイデアや感想なども、ぜひお聞かせください。


よぎさん、ご出身は沖縄県とのこと。
春の第一回出展者ミーティングでは、
大学の同窓の山田義力さんとばったり再会して驚いていらっしゃいましたね。
おふたりともに、おおらかで、でも独特な細やかさを持っていらして、
作風は違うけれど、どこかに近い風を感じるのは、思い込みでしょうか?

さあ、よぎみちこさんの出展場所は、トキニワカフェの神社寄りです。

ホームページ、凸凸製作所(とつとつせいさくしょ)は、こちら →  です。
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。