スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

taro-coboさん

2010.10.09 *Sat
今回は益子・茂木から三人の陶芸作家の方が出展くださいます。
益子は最近若い魅力的な作家が増えてきましたね。
そんな中、菅谷太良さんと、長谷川風子さん、
そしてtaro-coboの竹之内太郎さんが、今年は「工房からの風」にやってきます。


taro3


【風】
太郎さん、「工房からの風」には、
どんな作品と一緒にやってきてくださいますか?



【竹之内】
栃木・益子方面から陶磁器を携えて伺います。
「使って楽しい」「使いやすい」の両方を考えて作っています。
是非手に取ってみてください。



太郎さんの来し方には、心惹かれます。
北海道に生まれて、馬を身近に感じて育ったそうなのです。
弘前で大学をおえて、陶芸作家になる前は、
地方競馬の騎手養成に携わたっというひと。


ほんとうは小冊子に文章を寄せてほしかったのですが、
ちょっと遠慮されていたので、今回は強くお願いしなかったのですが、
いずれ、馬から土へ移行した心の軌跡などぜひお聞きしたいと思っています。



taro2


【風】
今、太郎さんにとって、「工房からの風」ってどんな風ですか?



【竹之内】
作り手と使う人を結んで、ぐるぐると回るつむじ風。
風に包まれたら、きっと楽しいはず。



楽しいですよ?。
今年、ぜひ来場者、出展者の皆さんと実感してみてくださいね!



taro1


【風】
来場される方々にお伝えしなくては!
なことがありましたね。



【竹之内】
当日はロクロの実演を予定しています。
工房での作業の様子を紹介できたらと思っています。



はい、太郎さんのブースで、ロクロをまわしてくださいます。
お子さんたちにも、ぜひ、陶磁器が作られる様子を、
たとえ雰囲気だけでも伝わってくれたら。。
そんな優しい太郎さんのtaro-coboのブースは、モニュメントゾーン。
お庭のフェンスを背中にして立っています。

taro-coboのHPはこちら → です。
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。