スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

平野日奈子さん

2010.10.11 *Mon
平野日奈子さんは、多治見で作陶される作家。
この夏、多治見は記録的な猛暑でしたね。
そんな中でも集中して制作された作品がやってくるのですsね。


hirahina3


【風】
平野さん、それは、どのような作品でしょうか?



【平野日奈子】
山の白い原土で作った粉引きの器です。
ピッチャーやマグカップ、お皿、道くさ花器、
小さな貝殻のようなボタンなどです。



素朴な力強さと、可憐な少女のような佇まいが、
日奈子さんの作品の印象。
それは、作者であるご本人にも、とても通じているようですよ。
(会場で、きっと共感いただけるかと!)



hirahina1


【風】
日奈子さんにとって、「工房からの風」って、
どんな風に感じられるのでしょう?



【平野日奈子】
旅人のような風です。

空がだんだんとしんとしてきたにおいや、
きれいな色の柿の葉がゆれていたり、
そんな日々が器になって、神社でひゅるりと出会って、
どこかの食卓のぷーんといいにおいのする瞬間と、
そこに器があったらいいなと思います。



文章を読んでいるうちに、光景が浮かんでくるようです。
素敵な感性の日奈子さん。
作られるものに、その心が映されているのですね。



hirahina


【風】
日奈子さん、会場に来られる方にメッセージを。



【平野日奈子】
たくさんの方に手にとってもらってもらいたいです。
お話できるのを楽しみにしています。


平野日奈子さんの展示は、ニッケ鎮守の杜の中。
トキニワカフェの神社側。
ギャラリーらふとの神社側にもなります。

染織の佐藤千香子さん、陶磁器のよぎみちこさんが、
お近くです。
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。