スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

照井壮さん(磁器)

2011.09.29 *Thu
九州は佐賀からやってきてくださるのは、
照井荘さん。
有田に工房を構えて、日々の実用に適いながら、
どこか人の手のぬくもりを感じる磁器を制作されています。

270911l


Q
照井さんは「工房からの風」にどのような作品を出品くださいますか?


A
普段使いの食器を中心に作っています。
今回は「おうち」や「くるま」などこどもたちが喜ぶ
変形皿シリーズにも力を入れています。



清潔感があって、端正な照井さんの器。
そこに楽しいかたちの器が加わって、使い手がぐんと広がっていきますね。


270911k


Q
照井さんにとって、「工房からの風」って、どんな風でしょうか?


A
今年6月に上京した際、会場を初めて訪れました。
晴れた日の午後、本館は大勢のお客さんで賑わっていました。
道に迷った挙句、ようやくたどり着いた会場に一歩踏み込むと
そこにはショッピングモール内の喧騒を忘れてしまうような、
ゆっくりとした時間が流れていて
ひとり穏やかな気持ちになったことを憶えています。
あの木漏れ日のなか、自分の器がどのような表情をみせるのか
想像し楽しんで作っています。



270911j


Q
照井さんの工房があるところは、どんな場所なのでしょうか?


A
磁器の産地の佐賀県有田町から参加します。
磁器独特の薄くて軽くて丈夫な質感と
それに相反する柔らかな表情をご覧下さい。



私も照井さんのそば猪口を愛用しているのですが、
コーヒーやお茶、スウィーツにと、つい手が伸びる器です。
手のよい方なのだなぁと、器に触れるたびに思って、うれしくなります。


Q
照井さんも「ぬくもりを届けよう」にご参加くださいます。
照井さんは、どのような作品を届けてくださいますか?

A
本年度より私の定番アイテムとなった青線刻のうつわです。



人気の作品ですね!
ありがとうございます。

さあ、照井壮さんの出展場所は、ニッケ鎮守の杜、稲荷社の前。
和やかな雰囲気の中、壮快な作品群と出会えますよ。

照井さんのホームページはこちらです。 →  
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。