スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

yuraricさん(皮革)

2011.10.05 *Wed
今回はいつになく皮革でのご応募が多かったのです。
そのような中、3人の方を選ばせていただきました。
どの方も作風がまったく違っていますので、
それぞれの世界をゆっくり見ていただくのも楽しいと思います。

まずお一人目は、yuraricさんです。

Q
yuraricさんはどのような作品と一緒に
「工房からの風」にやってきてくださいますか。

A
カラフルな革色に、動物柄を縫いとめた
革小物とバッグを持っていきます。
動物柄部分は、薄くした革を貼って
手縫いのアップリケで描いています。
あたたかみのある柄の表情を
楽しんでいただけたら嬉しいです。


作品に向かい合うと、可愛い感じをまず受けますけれど、
細やかな手仕事には、驚いてしまいます。
皮革でこのような作品作りをされる方は、
ほかにいらっしゃらないのではないでしょうか。
yuraricさん独自の技法でのお仕事なのです。

021011b


Q
yuraricさんは、出展が決まってから今まで、
どんな気持ちで過ごされましたか?

A
初めての野外展参加で不安が多かったのですが、
ミーティングで紹介していただいた
鎮守の杜や庭がとても素敵だったので、
緑の中に並べるような気持ちで作っています。


主に百貨店での展示を行ってこられたyuraricさん。
初の野外展では、使い手の方々との
より広やかな出会いを求めてのことと思います。
お庭の緑を思いながらの作品、楽しみですね。


021011c


Q
来場される方々に、yuraricさんのこと、
そしてお仕事について教えてください。

A
絵を学び、刺繍を始め、革に出会いました。
やってきたことを合わせたように、
絵柄を縫いとめた革小物を作っています。


学んできたことがぐるりとつながりあって、
独自の世界が生まれてきたのですね。


021011d


Q
yuraricさんも「ぬくもりを届けよう」に協賛くださいました。
どのような作品を提供くださいますでしょうか?

A
空色のちいさなコインケースです。
ちょこんと座った白い猫の柄がついています。



秋晴れの空の下、白猫さんとの出会いが待っていますね。


yuraricさんの出展場所は、スペイン階段の前。

ホームページは、こちらになります。→
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。