スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

林健二さん(陶磁)

2011.10.12 *Wed
Q
林健二さんは、瀬戸で作陶される作家の方。
林さん、どんな作品と一緒に「工房からの風」にやってきてくださいますか?

A
白釉、青白磁、飴釉の食器を中心に持っていきます。
それと変わった質感の花器を少々。
どれも基本地味ですが、それぞれ質感が気に入っているのでご覧ください。


画像では伝わりにくいと思うのですが、
端正な器に遊び心がひそんでいます。


121011QAA

Q
林さんはどのような気持ちで出展の日まで過ごされましたか?

A
出展が決まった当初は、新作をたくさん作ろうと
張り切り過ぎて、頭の中がゴチャゴチャになってしまいました。
結局ほとんどモノにならなかったのですが、
たくさん悩んだおかげで少し賢くなれたかもしれないです。


あ、そういうことって、ありますね。
ぐるりと一周して同じ所に辿り着いたとしても、
周ったことで、進化しているというような。


121011QCC

Q
林さんのお仕事の特長をおきかせくださいますか?

A
日常で使う食器を作っています。
日常の器でありつつも、手に取った時にニヤッとしてしまうような、
ほんの少し感情を動かせるような器を作りたいと思っています。



林さんの工房の隣に、震災で被災された陶芸作家の方が越して来られました。
それが、なんとスエトシヒロさん。
4月の全体ミーティングの前日。
今年一緒に「工房からの風」に出展する同士だとわかったのだそうです。

Q
林さんも「ぬくもりを届けよう」に協賛くださいました。
どのような作品をお寄席くださいますか?

A
いろいろなフタモノを5点提供します。


ありがとうございます。
表情さまざまなフタモノを通じて、ぬくもり、届きますように。

林健二さんの出展場所は、ニッケ鎮守の杜に入って
すぐ目の前に開けた草原の中。
同じ瀬戸から来られる原朋子さんと共通のテントで展示します。
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。