スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

大護慎太郎さん(時計)

2011.10.13 *Thu
今年の「工房からの風」には、とっても素敵な時計がやってきます。
作者は、大護(だいご)慎太郎さん。

時間をただ確認するのではなく、
“時そのものを楽しむこと”

を大切に考えている大護さんです。

Q
大護さんは「工房からの風」に
どのような時計と一緒にやってきてくださいますか?

A
真鍮製の腕時計や懐中時計などを中心に、
展示の机や時計のスタンドなども今回に向けて準備をしています。

実際に2~3年程私物として使用した時計達も展示致します。
使い続けることで、
時計がどんな風合いに変化するのかを見て頂きたいです。



時を重ねるほどに美しさや愛着が増していくものが、
工芸の大きな魅力のひとつですが、
大護さんの作る時計は、まさにそのものですね。

131011kkk

Q
出展が決まってから大護さんは、
どのような気持ちと一緒に制作されて来られたのでしょうか?

A
参加出来ることが分かってから、ずっと頭の中にあり、
日々どんな展示にしようかとイメージを練り続けていました。

最近は考えていたことを実際にカタチにすることで、
より展示風景がはっきりとしたモノになってきて
とても楽しいです。



とっても誠実なお仕事ぶりの大護さん。
「工房からの風」に向けて、展示什器なども
新たに整えられたようです。
作品一点一点はもちろん、展示すべてで
世界観が伝わってきそうですね。
楽しみです。

131011jjj


Q
大護さんの工房があるところは、
どんな雰囲気でしょうか。

A
吉祥寺は東京の街の中でも特に世代を問わず、
沢山の人々が訪れる場所だと思います。
井の頭公園で、カップルや親子、老夫婦達が
みんな楽しそうに笑ってお喋りをしている風景がとても好きです。


人気の高い吉祥寺でアトリエを持つ大護さん。
幸福な時間を刻む時計つくりには、とてもふさわしい街ですね。


131011lll

Q
大護さんも「ぬくもりを届けよう」に協賛くださいました。
どのような作品をお寄せくださいますか?

A
どんなモノにしようかと色々考えたのですが、
やっぱり今自分に出来ることは
気持ちを込めて時計をつくることかと思い、
手縫いで留めた革ベルトの腕時計にしました。


ほんとうに素敵な時計なのです。。。
『今自分に出来ることは気持ちを込めて時計をつくること』
皆さん、それぞれがそのような想いで作られたものを、
「ぬくもりを届けよう」に寄せてくださいました。
ありがとうございます!

大護慎太郎さんの出展場所はモニュメント周り。
ホームページはこちらからご覧下さい。→ 
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。