スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

akaneneさん(染め布)

2011.10.11 *Tue
気持ちのよいコットンガーゼを中心に、
伸びやかにドローイングで布を描くakaneneさん。
今回はテントまで作成しての空間まるごと
akanene-worldを築いてくださるようです。

Q
akaneneさん「工房からの風」には、
どんな作品と一緒にやってきてくださいますか?
また、どんなことを来場者の皆さんに感じてもらいたいですか?


A
着心地の良いガーゼの素材を使って作った洋服やバック。
洋服、バックの制作に限らず、
普段はライヴステージの空間なども作ったりしています。
秋の深まる鎮守の杜の一画を、
手作りテントなどを持ち込んで、洋服、バックなどを
森でインスタレーションする気持ちで
楽しい空間を作りたいと思います。


おりひめ神社のほとり、
椎の大木のもとで展示をするakaneneさん。
歌うように描かれた布と時が育んだ空間が
どんな風に映るでしょうか。

031011c


Q
akaneneさんは、出展が決まってから今まで、
どんな気持ちで過ごされましたか?

A
ワクワクしたり、ドキドキしたり、ちょっと不安になったり、
そんな思いをぐるぐるさせながら過ごしてきました。

制作は毎日決まってアトリエの窓を開け放って、
その日の風を感じるところからスタートします。
心地よい風だったり、強い北風だったり、
日々変化するその風もどこか自分と似ていたり(笑)


コンサートの空間を作ったり、
アートの方角で制作を進めてこられたakaneneさん。
クラフト作家の方が多い「工房からの風」への出展は、
いろいろ想いが巡ることも多かったことと思いますが、
最後にお話したときには、なんでしょう、
爽やかなお声が響いて、ああ、きっとよい展示になるなぁ、
とうれしくなりました。

031011a


Q
来場される方々にakaneneさんの
お仕事の魅力について教えてください。

A
今を大切に、その時感じたもの、
それを瞬間保存するかのように
1日、1日新しい気持ちで布に向かい
その時の気分のままにドローイングをして、
制作しているオリジナルの布たち。
線が太い日もあれば、細い日もあったり、
使う色もその時々によって変わってゆく。

そんな変化していく布の模様を楽しみながら、
洋服にしたり、時にはバックにしてみたり
思いのままに進んでいく「akanene 」の
モノづくりをご覧頂けると嬉しいです。


031011b


akaneneさんも「ぬくもりを届けよう」に協賛くださいました。
ガーゼのシャツにドローイングが描かれたもの。
どなたがまとってくださるでしょうか。

akaneneさんの出展場所は、おりひめ神社の鳥居のふもと。
カラフルなテントが目印です。

ホームページはこちらからご覧下さい。→ ☆
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。