スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

みずあめやさん(万華鏡)

2011.10.11 *Tue
万華鏡でのご応募。
今まで数人の方々からいただいておりましたが、
出展いただくのは、初めて!です。
姉妹ユニット「みずあめや」さんをご紹介します。

Q
みずあめやさんは、どのような作品と一緒にやってきてくださいますか?
皆さんに特に見てほしい!という作品も教えてください。

A
パートドヴェールやガラスフュージングなどの技法で制作した、
手のひらに収まる小さな万華鏡を中心に持っていきます。

イチオシは、ずっと構想を温めてきた愉快なコスプレ軍団たち。
クマ、ウサギなどの動物たちが、いろんなお衣装を着て皆様をお迎えします。



コスプレ軍団?
どこか懐かしい感じがしませんか?
この万華鏡を覗いたら、遠く幼い日々のひだまりを思い出しそう。

111011lll


Q
出展が決まってから、みずあめやさんにとって、
「工房からの風」はどのような風だったのでしょう?

A
最初は爽やかな「そよ風」を想像していました。
でも、実際は「そよ風」ではなく、
私達の心の部屋をかき乱す「つむじ風」のようでした。

10年前、みずあめやがまだ駆け出しだった頃、
私達の「心の部屋」はとてもシンプルに整理されていて、
目指すもの、作りたいもの…あらゆるものがもっと明白でした。

ところが、年月を重ねていくうちにシンプルさはすっかり消え、
気付けばごちゃごちゃで複雑な部屋に。
整理したいにも、どこから手をつけて良いのかも分からず、
まるで自分達の部屋の中で迷子になっているかのような感覚でした。

今回私達の前をピューっと吹いた「つむじ風」は、
心の部屋の中に埋もれているものの中から、
大事なものだけを残し、不要なものをかき消してくれる
魔法の「つむじ風」だったように思います。

そして、ごちゃごちゃだった部屋が整理されたからこそ、
足りないものが見えたり、新たな世界に通ずる秘密の扉が奥の方から微かに見えてきたり…。

心の部屋が整理された今、ようやく新しい一歩が踏み出せそうです。
イベント当日には、また別な「つむじ風」に吹き荒らされるかもしれませんが…。
でも、そうしたらまた二人で整理していけばいいですよね。
魔法の「つむじ風」が吹くときは、必ず発見や収穫があると思うので。



ちょうどつむじ風が必要なタイミングだったのですね、きっと。
作家にとって、こういう機のようなものを生かすことができたら、
ますます気持ちよく制作が進むことと思います。
渦中は大変でしょうけれど、みずあめやさんワールド、
熟していかれることと思います。

111011kkk


Q
来場される方々に、みずあめやさんのお仕事の魅力を教えてください。

A
私たちの中では「万華鏡作家」「ガラス作家」「袋もの作家」という3つの顔が、
どれも同じくらいのウェイトを占めて存在していて、
万華鏡の外観、中を覗いた映像、
そして万華鏡をしまっておくための古裂袋、
この3つのコーディネートの妙を楽しみながら制作しています。

この3つの顔に加えて、今、新たな「顔」が生まれようとしています。
ガラスや万華鏡だけにこだわらず、
様々な素材や技法を取り入れながら自分たちの世界を作りあげていけたら・・・。


ガラス、万華鏡、袋
ぜひその3つの妙を味わってみてくださいね。
そして新たな「顔」。
楽しみですねー。

111011jjj

Q
みずあめやさんも「ぬくもりを届けよう」に協賛くださいました。
どのような作品をお寄せくださいますか?

A
特別な企画なので、私たちなりに特別なものを出そう!
と、パートドヴェールで小さな小さな額絵を制作しました。
万華鏡のモチーフにもなっている「高貴なお方」が、額の中から覗いています。


すばらしい作品を寄せていただきました。
ありがとうございます。

みずあめやさんの出展場所は、ニッケ鎮守の杜。
手仕事の庭のハーブや藍の花が揺れる花壇の脇です。

ホームページはこちらです。 → 
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。