スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

sun'ocoさん(ガラス)

2011.10.07 *Fri
sun'ocoさんはガラス作家。
シンプルで明快な形のフォルムと
その器を使う楽しいシーンを提案をしてくれる作り手です。

Q
sun'ocoさんは「工房からの風」に、
どんな作品と一緒にやってきてくださいますか?
また、特に感じてもらえたら、ということもぜひ教えてください。


A
たくさんのゆらゆらゆれるガラスを持って行きます。
花器だったり、オブジェだったり、どれも手のひらサイズです。
ガラスがゆれるなんて…と思われるかも知れませんが、
これが意外に楽しいのです。
ぜひ会場で触ってみて、その楽しさを感じてもらいたいです。


sun'ocoさん、実は物理を専門に研究してこられた方。
ご本人はそんなことないよ、とおっしゃるかもしれませんが、
もののとらえ方、見え方、切り口に独特なスマート感があって、
それがシンプルな空間を楽しみたい!
という現在の感覚ととても響くように思うのです。

今回の小冊子にも「空想の余白」という文章を寄稿くださいましたが、
文章からもその感覚、伝わってくると思いますよ!


071011a


Q
sun'ocoさんは、出展が決まってから
どんな気持ちで日々を過ごされましたか?


A
3年目にしてようやく決まった出展なので、
まずそのことがとてもうれしかったです。

準備は思った以上に大変でしたが、
ずっと、10月の自分はどんな自分なんだろう?
と、わくわくしながら過ごし、制作にのめり込んできました。


選考に完全ということはなくって、
素晴らしい作り手の方々を
見落としていることも多いことと思います。
そして、何度もトライしてくださりながら、
ご自身の方向を整えていく作家もいらっしゃるのですね。
sun'ocoさんとは、こうしてベストなタイミングで
出会いの機が熟した!そう思っています。


071011c


Q
来場される方々に、
sun'ocoさんのガラスの魅力について教えてください。

A
主に吹きガラスの技法で制作しているのですが、
その魅力はなんといっても溶けているガラスの
愛嬌を感じられることです。
本当に自由気ままに動き出すので、
それを瞬時に判断しながら作業を進めていきます。
まるで即興演奏のような作業も、魅力の1つです。


愛嬌!即興演奏!
すっきりとした作品に、
確かにそんなリズムや愛らしさが奏でられている気がします。


071011b


Q
sun'ocoさんも「ぬくもりを届けよう」に協賛くださいました。
どのような作品をお寄せくださいますか?


A
シンプルな花器とキャンドルホルダーを。



ありがとうございます。
sun'ocoさんのテントは、ニッケ鎮守の杜にレンガ道から入ってすぐ。
トキニワカフェの隣です。
お天気によっては、テントにガラスがたくさん吊るされて、
キラキラ秋の陽を揺らしているかもしれません。

ホームページはこちらからどうぞ → ☆
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。