スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

原田七重さん(陶器)

2011.10.11 *Tue
陶器、土もののおおどかで深い趣き。
そこに現代のセンスが響いた美しい焼き物を作られるのが
原田七重さんです。

Q
原田さんは「工房からの風」にどんな作品と
一緒にやってきてくださいますか?

A
日々の生活の中で使う器、カップ、お皿、ボウルなど作りました。
新しい土や釉薬のものも持っていくと思うので見て頂きたいです。
出店場所の緑がとてもきれいだったので、
そこに合えばいいなと思って作っているのもあります。


陶芸好きな方も、今までは特別に意識しなかった方も、
ぜひななえさんの陶器、掌に乗せてみてくださいね。

111011mmm


Q
原田さんにとって「工房からの風」って、
どのような風なのでしょう?

A
今は作る事だけで頭がいっぱいで、まだよく分かりません。
当日、清々しい風を感じたいです。
私も少しでも気持ちのよい風を届けることができたらいいです。


原田七重さんも「小冊子」にご寄稿くださいました。
「大事なもの」
逡巡しながら綴った原田さんの呼吸が感じられるような文章。
陶器の作品も、きっと原田さんのリズムが宿っているのでしょうね。


11101nnn


Q
原田さんの工房がある地域は、
どんなところなのでしょうか。

A
山梨県の甲州市で作っています。
桃やぶどうなど果物の産地です。
少し標高が高い所なので、もう朝晩はかなり寒いです。
作るものへの自然からの影響は普段意識はしていませんが、
きっとあるのではと思います。


意識を超えて、作品に豊かに沈んでいるのですね、きっと。


11101ooo


原田七重さんも「ぬくもりを届けよう」に、
灰釉のてってもすてきなピッチャーをお寄せくださいました。
ありがとうございます!
食卓でも、またはお花を生けても、そのままインテリアとしても、
空間にふうっと美しく柔らかな気配を呼び寄せてくれそうです。


原田さんの出展場所は、ニッケ鎮守の杜、手仕事の庭のほとり。
みずあめやさん、中矢嘉貴さんの間になります。
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。