スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

増山文さん(陶磁)

2011.10.09 *Sun
今回は瀬戸から来られる作家の方が4名いらっしゃいます。
多治見、信楽、常滑、益子・・・
いわゆる産地からの出展は、毎年いろいろと変化があって、
作風は異なっても、どこか共通点もあるのが不思議な感じです。
今年の瀬戸組の方々はどんな作品を見せてくれるでしょうか?

Q
増山文さんは「工房からの風」には、
どのような作品と一緒にやってきてくださいますか?

A
和でも洋でも使える普段使いの織部と
カラフルでPOPなのに風化したような焼締めの器たちと一緒に行きます。

織部の深い緑色は想像以上に色んな料理を
パッと楽しく演出してくれるので食卓に一皿でも彩りを添えられるようなものを・・
と思いながら作っています。

一方、カラフルな焼締めは少し変わった肌合いになっていて、
器だけでなく動物のカタチをアクセントにした
小箱や小物などもあり、観賞としても楽しんでもらえると嬉しいです。

この二種類は全く違うテイストなので
一緒に展示するのが正直難しいのですが
違う人が作ったの?とよく聞かれるので
お客様にとっては一店舗で二度美味しい?
ような雰囲気を見てもらえればイイなぁと思っています。


織部と土味のカラフルな器。
ひとりの作家から生まれるふたつの世界を
同じ空間で触れられるのも楽しいですね。


101011d


Q
出展が決まってから今まで、どんな気持ちで過ごされましたか?


A
今は工房からの風あたりは必死のパッチの大型台風です。
が、このロングランのネバネバ台風がもうすぐ格別に
カラッと澄んだ、爽快で気持ちのいい、穏やかな風になってくれる・・
ハズと信じてこの強い雨風にマケズ今までにない山を越えようとしています。

でもまだ、この風が何を運んでくれているのかは
過ぎ去ってみないとわからないかもしれません。



101011f


Q
工房がある地域には、どんな特長がありますか。


A
工房は愛知県の瀬戸市にあります。
一言に瀬戸市と言ってもピンきり?で
最近は名古屋へ通勤される方のベッドタウン
としてもひらけていますが、
まだまだ自然が多く残っている地域もあります。
私の居る場所は岐阜県との県境に近い山あいのピン?にあります。

瀬戸は六古窯として古くからやきもの産地として有名で、
やきもの関係のことなら一通りここで揃いますし、
やきものについて勉強するにはとてもイイ環境が揃っています。

犬もあるけば陶芸家に当たるくらい陶芸家人口密度も高いので
生き字引がたくさんいて知恵袋に困りません。



101011e


Q
増山さんも「ぬくもりを届けよう」に協賛くださいます。
どのような作品を提供くださいますか?


A
以前作っていた作品ですが、灰釉を使った粉引きの鉢を出させていただきました。
少しゆったりと大きめの鉢ですが、人数の多いご家庭なら盛鉢に、
お一人様なら麺鉢などにも使って頂けるようなサイズ形のものです。


ありがとうございます。
渋くて存在感のある鉢。
お料理が映えそうですよ。

増山さんの出展場所はスペイン階段前。
ホームページはこちらになります。→ 

EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。