スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

凪ぐ浜に光るもの

2011.10.26 *Wed
怒涛のエントリーの日々から、
このブログはしばらくお休みをいただいておりました。

大波が(今年は大風!でしたけれど)去った後の、
穏やかな浜辺に光る貝や打ち上げられた宝物と、
じっくり出会う時間。
そんな時間が、とても大切だと感じています。

これからしばらくは、作家の方からいただいたメッセージを
いくつかご紹介させていただこうと思います。
「工房からの風」を体験してくださったばかりの出展者の
リアルな言葉も、浜辺に輝く宝物のひとつです。

:::

その前に、私から出展作家の皆様へお送りした
今展の締めくくりのメールの一部をここに綴りますね。
ご来場くださった皆様、お気にかけてくださった皆様にも感謝をこめて。

:::

2011年工房からの風出展作家の皆様へ

今日は土曜日。
あれから1週間が経ったことに実感が伴いません。
もう!という気持ちと、遠い昔のことのような気持ち。
すでに皆さんを懐かしく思う気持ち。

あらためて、
ご出展をいただきありがとうございました。

今回は今までにない悪天候の中、
どなたも最後まで懸命に取り組んでくださって、
心より感謝申し上げます。

お待たせしてしまった場面や、十分に対応させていただけなかったこと、
ご期待に添えなかったことも、たくさんあったことと思います。
申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、
そのような中にも、皆さん一緒に前を向いて、
笑顔でお客様に向き合ってくださったこと、忘れられません。
おひとりおひとりの前を向く気持ちが奏であって、
あの悪天候の中にもあの日にしか生まれ得なかった
2011年の「工房からの風」がそよいだのだと思います。

翌日の午後。
皆さんが準備してこられた空間作りを、
夏のような青空がひろがって応援してくれました。
まるで祝福するかのような青空。
皆さんの展示風景と重なって、来場者の方々、そして私たちの心にも、
ずっと残ることでしょう。

展覧会全体としては、両日通して、作品、作家との出会いを
心から待ち望んでいたお客様がなんとたくさん
来場くださったことでしょう。
何か抱きしめたいようなありがたい気持ちでいっぱいです。
と同時に、何を求めて、何を感じてこんなにも「工房からの風」に
ご期待くださっているのか。
あらためて心に問い直したいと思います。
それはこの企画を起こした時の根っこ、原点にきっとあるんですね。
それを忘れずにありたいと思っています。

・・・・・
    ・・・・     

また、多くの方々にご協賛いただきました「ぬくもりを届けよう」。
作品の販売額は461,150円となりました。
あたたかなお気持ちをお寄せいただき、ありがとうございました。
この展開に関しては、過去出展者からも協賛希望のご連絡をいただき、
急遽11月11日(金)12日(土)13日(日)に、「galleryらふと」
であらためて行うこととなりました。
(一部お渡しきれずにある作品も、その機会に出させていただきます)
その際に集った支援金と合算して、予定通りにGBFundに託します。
(「ぬくもりを届けよう」に関して記事☆を掲載くださっています。
あらためてご報告をさせていただきます。

 ・・・・
     ・・・

まだまだお伝えしたいことがたくさんありますが、
まずは御礼とご連絡までいたします。
また、現在もご感想などメールを多くの方からいただいております。
ありがとうございます。
皆さんからのご感想などが、「工房からの風」にとって何よりの栄養です。

皆さま、どうぞお疲れ和らぎますように。
そして、お互い進化していきましょう!
その中で、ふたたびお仕事ご一緒できますとこと。
心より希っています。

2011年の出展作家の皆様へ
心からの感謝をこめて。

:::

次回からは、メッセージをお寄せくださった作家の方から
いくつかのメッセージをご紹介します。
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。