スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

akaneneさん

2011.10.31 *Mon
おりひめ神社のほとり。
鮮やかなテント自体が作品だったakaneneさんからも、
熱いメールをいただきました。
お許しをいただいて、一部掲載させていただきますね。

011111e

:::


工房からの風が終わり、1週間。
本当に充実した2日間を駆け抜けた感覚で
熱い思いがうまく整理できずにいます。

迷いながら、でもただただ自分の真ん中を見つめてもがいてきた半年間でした。
強気になったり、弱気になったり、その繰り返しの日々でした。
稲垣さんから最後にアドバイスを頂きとても気持ちが楽になり、
大切なことをしっかりと再確認でき
ラストスパートで最終日まで駆け抜けることができました。

強風、雨の悪天候、こんな状況の中、お客さんは来ていただけるのだろうか、
今まで作品にかけた時間を思いながらも、
随分と弱気な自分が顔を出したりもしましたが、
スタッフの方たちの当日の懸命な対応に励まされ、
勇気づけられ、開店の時間を迎えました。

あの天気の中にも関わらず、開店と同時に
本当に沢山のお客さんが会場に集まり、
改めてこのイベントが着実に裾野を広げて歩んできた底力のようなものを感じました。

それもこれも、出展が決まってからの数回にわたるミーティング、
出展場所を決めるための個人打ち合わせをはじめ、
スタッフの方たちのキメの細かい対応、
運営体制がこの素晴らしいクラフト展をつくりあげていることを
参加させて頂き、この場に身を置き、改めて感じました。

モノづくりは常に自分と向き合い、孤独な時間の連続ですが、
そんな人たちとこのイベントを通じて出会うことができたこと、
その場をスタッフの方々がしっかりとつくって頂けたこと、
それはこれから続けていく自分にとって何よりの宝になりました。

自作テントでの参加、強風の中、スタッフの方達にはご迷惑、
ご心配をおかけしてしまいましたが、
作品を含めて、木々の下にオリジナルテントを含めた空間をつくれたこと、
私自身はとても満足感を得ることができました。

本当に沢山の方たちから、生の声を聞くことができ、次への原動力になりました。
そして次に繋がるお話も、数件頂き、現在検討している段階であります。
自分が無理なく、そしていつも思いっきり楽しんで制作を続けていけるように
そのスタンスを忘れないように、またギアを入れ替えて進んでいこうと思います。

本当にすばらしいイベントに参加できたことに
主催者の方々、スタッフの方々たちに心より感謝しています。
ありがとうございました。

来年は10回目ということで、記念の年ですね。
また新たな種が膨らみ、どんなカタチに育っていくのか、
今から楽しみです。またきっと色々な繋がりが生まれことを願っています。

akanene


風の土曜日。
10時からたくさんのお客様をお迎えできたこと。
私たちも信じられない気持でした。
こうして来場下さる方々のご期待に響けるように、
魅力ある作り手、作品でこの展覧会を構成していこう!
と想いをあらたにしています。
akanenesanも、ますます「思いっきり楽しんで」の作品づくり!
続けてくださいね!

・・・
上の画像、風も落ち着いて、木漏れ日があたって。
なんだか、もはや、なつかしいですね。
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。