スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

スエ トシヒロさん

2011.11.06 *Sun
さて、気づけばすでに「工房からの風」から3週間。
たくさんのメールをいただいて、
どのお便りもご紹介させていただきたい想いですが、
最後におひとりの文章をご紹介して、
皆さんからいただいたお気持ちを胸に、
次に進んでいきたいと思います。

スエトシヒロさんからいただいたメールの一部です。

:::

一週間前、今頃は充実した疲れと
東京の友人達と呑んだ日本酒の酔いに満たされていました。
早いものです。
それでいて遠いことのようにも思えて。
稲垣さんも書かれていましたが、多くの参加者の方たちもきっと同じように
「工房からの風」の不思議な余韻を感じているのだと思います。

先日の本展と、その日に至るまでの折々、ありがとうございました。
環境の変わった私へ何かとお気遣い頂き、重ねて、感謝をお伝えしたいです。

自分にとって、本当に大きな場でした。
帰宅した翌日、丸太のような抜け殻になって転がっている自分に、
あらためてそう再確認しました。

そして今年だったから、のご縁でもあったと感じています。
今まで何度か応募が叶わず、
正直なところ今回でひと区切りにしようと考えてもいました。
だから尚更、どうしても参加したい、器を作って「工房からの風」に繋げたい、
という気持ちが強く後押ししてくれて、自分をここに歩ませてくれました。
このご縁が無かったら、自分は制作を再開出来ていただろうか、とふと思いもします。

初めて「工房からの風」を訪れた折に惹かれた空気が、
こんなにも自分を動かしてくれるとは思いもしませんでしたが、
振り返ると、その時からもう「前にあるもの」だったのかもしれません。

多くの作り手の方々と知り合いになることが出来ました。
他のクラフトフェアで出逢うよりも、密で、
そしてこれから長く続いてゆきそうな、嬉しい繋がりだと感じています。

思い返せることが多過ぎて。
いろいろな風景があり過ぎて。
何を綴ってよいのやら分からなくなってきます。
ただ悔やまれるのは、他のブースをあまりよく見れなかったことです。

最後になってしまいましたが、スタッフの皆さん、悪天候もあって
私たちには想像出来ないほど大変だったことと思います。
本当におつかれさまでした。
そして、心より、感謝致します。
ありがとうございました。

またお会い出来る機会、こちらこそ心待ちにしています。
「工房からの風」、大切なものになりました。

ありがとうございました!

スエ トシヒロ


「前にあるもの」
スエさんの身を持って、心から生まれた言葉。
そのひとつが「工房からの風」であったこと。
この展覧会を続けてこられて、ほんとうにありがたく思います。

縁、といえば、それまででしょうけれど、
縁を生かしていくのは、ひとりひとりの想いや動きですね。
こうして結んだものを、豊かに広げていきたいと思います。

さあ、今度の金・土・日には、緊急?第二弾企画
ぬくもりを届けよう。ニッケ+工房からの風から
を、galleryらふとで開催します。
詳しくはあらためてお知らせいたします。
ぜひ、金・土・日のいずれか、galleryらふとにお出かけくださいね!
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。