スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

機・タイミング

2006.05.14 *Sun
ゴールデンウィークの間、ミーティングを行ったり、
幾人もの出展作家さんが訪ねてきてくださったりと、
おひとりおひとりとお話できる機会がたくさんありました。
全体としてのこと、個々に対応してのこと。
直接お会いすると、進んでいくものを感じます。

・・・

この会も4回目を迎え、「工房からの風」という人格ならぬ、
展覧会の性格みたいなものが、明らかになりつつあるように思いました。
ひとつが、展覧会当日までの企画者と、あるいは出展者同士の交流。
これを大切に考えて、参加してくださる人が増えているように思いました。

・・・

その気持ちに響き、応えて、この展覧会を機にお互いに成長できたら。。
という気持ちがあります。
と、同時に、その人のタイミングを見ながら。。。
という思いもあるのです。

・・・

人には進んでいく流れやタイミングがありますね。
その流れを掴んでいくことも大切だと思うのです。
他者との交流からそれを何かを得ていくタイミングもあるし、
むしろ、じっと自分の内側に向きあうタイミングというのも。

私たち企画者は、こちらの意見を押しつけるのではなく、
なるべく出展者の「今のタイミング」を掴んで、
それに適した響き方をしたいと思います。
このところ、積極的に「どう思いますか?」と意見を求められることも多く、
それに対しては、思うことをお伝えします。

また、あまり意見を言ってもらうというよりも、
具体的なあれこれについて、お話したい、という場合もありますね。
そんな時は、それに応じたやりとりをしていきたい、と思います。

・・・

なんで、こんなことを書いているかというと、
「工房からの風」が一色になってしまったら、つまらないから。
企画者の色は当然で出ていくことと思いますが、
色を放つのはあくまでも、出展作家さんそのものだから。
私たちの色に染まる必要はないのですもの。(当たり前すぎですが)

人によっては、色を鮮やかにするために力を添えます。
人によっては、そのものの色が映えるように、黒子になります。

そんなことを思うこの頃です。
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。