スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

木の作家

2006.10.14 *Sat
今回、木にまつわる出展作家として、5名の方のお仕事に触れていただきます。


井藤昌志さんは、家具を中心に暮らしの中で心を整えてくれるような
インテリア小物を。
シンプルで研ぎ澄まされたその作品からは、長い時間をともにする
木の家具や道具の在り方について、嬉しい気づきを感じます。
植物染めの仕上げのものや、シェーカーから感じるものをかたちに
したものなどが、手仕事の庭のレンガ道沿いに展示されます。


岩切純一さんは、木ならではの温もりをいかした作品を。
家具やさまざまな生活具が、木の表情を生かして形づくられています。
磯沼ミルクファームやhomegirlといった食のブースの近くで
皆さんをお迎えします。

chiku_ni madeさんは、木、、、だけではなく、金属や表情もクールな
古い素材などを使って、独自のセンスの家具やインテリア、
エクステリアの作品づくりをします。
野外喫茶をするnataneさんの空間づくりも含め、和やかな庭の中に
オトナなかっこよさが出現するような・・・。


山口和宏さんの木の仕事には、既に多くのファンの方がいらっしゃるかと思います。
静かにすーっとかたち作られたカッティングボードやカトラリー、
ボウルやデッシュ。
一度使うと、その心地よさは毎日の暮らしの中で手放せなくなって。
おりひめ神社うしろの清々しい空間に、九州よりはるばる
来てくださいます。


はるばると言えば、岩手県タイマグラからは、昨年に引き続き
南部桶正の奥畑さんも登場です。
昨年に引き続き、桶作りの制作工程を公開してくださいます。
接着剤を使わずに昔ながら結いあげた桶。
手に入れそびれた方は、今年はぜひに。


:::


木、という括りだけでもなんと個性豊かな出展者のみなさん。
それぞれの方が、自分の「哲学」をもって制作されている
からこその個性なのだなぁと。
個性って加えるものではなくて、にじみ出てくるものなのですね。
「工房からの風」は、素敵な作品にたくさん出会える場所でもある
けれど、自ら育み、磨いた「個性」に出会える場所でもあるのかも
しれません。
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。