スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

新しい応募要項配信

2006.12.04 *Mon
来年の応募要項を公開しました。

今回から、少し応募条件の規定を設けました。
以下、応募要項からの抜粋です。

※今回から加わった応募条件
 ・ 初出展者は40歳代までのこと。
 ・ 2006年の第4回への出展者全員、2005年の第3回へ2度目の出展をした方は、
応募不可。(食・植物部門は応募可)
  上記に該当しない複数回出展希望者は、10名以内とする。

会を重ねるにしたがい、出展希望を多数いただくようになりました。
しかし、工房からの風craft in actionの会場構成、企画構成を考える
と、現在の50人という出展者規模を継続して、内容の一層の充実を
図りたいと考えています。

そのために、出展者の構成を考え、新人作家の発掘をするという一面を
大切にするために、初回出展者の年齢枠を設けました。
新人作家を年齢で判断することは難しいことですが、選考基準のひとつといたしました。
また、同じ出展者で会が固まらないよう、新しい出展者の参加を促すために、
複数回出展者の参加枠を設定しました。
複数回出展者には、初出展時での経験を生かした、より創造的な出展内容と
作品の充実を希望しています。

:::

工房からの風は選考が厳しい!という噂?を耳にしますが、
倍率としては決してそんなことはありません。
ただ、出展人数が場所の広さとの共生から限られますので、
そんな評判がたっているのかもしれません。

さて、今回から、主催者と出展者をつなぐ、実行委員(只今名称考案中)
とも呼べる人たちを企画の側に迎えることにしました。
過去2回出展した作家で、工房からの風の主旨をよく理解してくださり、
この会を一層育ててくれるだろう方たちです。

・相原清子さん(金属)
・磯敦子さん(木綿布)
・小美濃厚夫さん(木工)
・萩原千春さん(陶磁)
・森友見子さん(再生紙)

出展作家として2回、工房からの風を体験している人ならではの
リアルな実感が企画に反映されることと思います。
そして、新しいかたちで「工房からの風」を体験いただく機会を設けたことで、
作り手にとっても新しい扉が開かれるのでは、、、と期待しています。
そして、そして、、それが他の出展者や、多くの来場くださる方々にもつながっていくのではないか、、、
そんなことも、期待しているのです。


EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。