This Category : 未分類

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

めぐる

2005.09.24 *Sat
shif1


紙布、という布をご存じですか?
紙布とは、和紙を縒って作った糸で織られた織物のことです。
紙布作家の武石幸子さんの、
糸づくりのデモンストレーションがありました。

武石さんがお持ちになった紙は、
骨董屋さんで手に入れたという昭和初期の頃の大福帳(帳簿)や、
ご自分で漉き上げた和紙。
大福帳には、当時の墨文字が残っています。
手漉き和紙にはぜんまいのワタや、絹などを漉き込んで。

まず、紙を細長いひも状にして、縒りをかけて行きます。
武石さんお手製の縒り機で。
竹とバーベキューの串と自転車のチューブを使った縒り機です。
小さくてもパワフルな道具。
指先、腕、体全体を使って、ぐんぐんと。

昭和の初めに使われた和紙が時を経て、
「あるものを使ってものを作りたい」という人の手によって、
また新たなものに生まれ変わる。
「めぐる」ということ、考えさせられました。

shifu1


デモンストレーション中、
武石さんの周りは、常に人が絶えず、
次第にみんなで輪になって、糸づくり。

武石さん、お客さまに手ほどきしながら、
「糸作りを言葉で伝えるのが難しくて‥」、
とおっしゃっていたけれど。
大丈夫。
武石さんの手仕事を目にして、そして糸縒りの体験を通して、
糸つくりの楽しさ、紙布というもののこと、
みなさんに伝わったと思いますよ。
実際は、お話も上手でしたしね!
EDIT | 

まる、まる、な日

2005.09.20 *Tue
otsukimi

まる、まる、な日

○18日・お昼過ぎ○
そよそよ気持ちの良い風が吹くデッキで、
工房からの風に出展の陶芸家・田村麻耶さん講師による、
*玉つくりで作る小さな器*のワークショップを。

らふとを代表して、私も、粘土をこねこね、ぱたぱた。
初めは、ひんやりとした粘土の固まりが、
手を動かすことで、
こうしたいなというイメージの形に近づいて行きます。
植木鉢の住人になる予定の、
自分が育てている多肉植物の姿を思い浮かべながら、
麻耶さんの丁寧なアドバイスをうけて、
形になっていきました。
うれしい。

田村さんの作品は、大きさも形も愛嬌があって、
窓辺に、食卓に、こんな器があったらいいなと思う器です。

田村麻耶さんのワークショップ 、
*玉つくりでつくる小さな器* は、
10月の工房からの風で、両日実施されます。


○18日・宵?月の出○
中秋の名月です。
古くからの風習であるお月見。
ススキや、その土地で育った野の花などを飾り、
月見団子や里芋をお供えして、お月さまを愛でます。

らふとでは、月夜のcoya-bar。
宵の頃から宴のはじまり。
千葉県香取郡の酒蔵・寺田本家のおいしいお酒、
おいしい手製の月見団子、おつまみと共に。

tsuki


程よく体があたたまって来たところで、
デッキや縁台に座って、月待ちです。
この時間が、なんとも良いのです。
秋の風に吹かれ、虫の声を聞きながら。
しっとりとした雰囲気で、
言葉少なになった私達の前にやがて姿を現したのは、
見事な満月。
豊かな実りを感謝し、祈らずにはいられない光でした。

玉つくりのまる、
満月のまる、で、まるまるな一日でした。

さて、日本では、
中秋の名月の次の、十三夜の月を愛でる習わしもあります。
十五夜と十三夜の月、両方を見るのが良しとされます。
今年の十三夜は、10月15日。
工房からの風第一日目の夜です。
EDIT | 

ぱんぱかぱーん

2005.09.10 *Sat
wata


今日、ワタの実が、ひとつ、はじけました。

とってもきれいな、きらきらな白。
畑に、星が、ひとつ生まれたみたいな風景。
EDIT | 

東京スピニングパーティー

2005.09.04 *Sun
Director’s voiceに、はじめまして。
新人うさみです。
よろしくお願いします。

東京スピニングパーティーへ行って参りました。
染織家の方が多く集まる交流会です。
作家さんの作品発表や、
糸紡ぎ・染織の用具の紹介などがあります。

わあ、すてき!と一目で思ったブースがあり、
近づいてみると看板に、:綿工房:の文字。
工房からの風出展者の磯敦子さんのブースでした。
磯さんにもお会いすることができました。
綿の種類や、コットンプリント地を組み合わせて、
ストールや肩かけバッグ、巾着、ピンクッションなど。
巾着には、棉の実などのかわいいモチーフの刺繍が。
「最近、刺繍が楽しくて」、とおっしゃっていました。

スピンハウスポンタさん発行の冊子spinnutsでは、
工房からの風インフォメーションを載せてくださっています。
ポンタさん、ありがとうございます。
spinnutsは、糸、布、羊、などの話がたくさん詰まった、
素敵な冊子です。

染織の道具を色々見ていて、思ったこと。
必要性が生んだフォルムなのでしょうけれど、
とっても美しい形をしていますね。
私も、糸紡ぎ心が、むくむくとわいてきた一日でした。
EDIT | 



Copyright © director's voice All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

  sanae inagaki



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。